ビデオ編集PC用途別おすすめ YouTubeから映画制作まで

目次

ビデオ編集PCの選び方 基準となるスペックの理解

ビデオ編集PCの選び方 基準となるスペックの理解

プロセッサーの性能 4K編集に求められるCPU

ビデオ編集の分野で特に4K編集を行う場合、適切なプロセッサーを選ぶことは非常に重要です。

特に4Kビデオは非常に高い解像度を持っているため、ファイルサイズが大きく、編集プロセスがCPUにとってかなりの負荷となります。

そのため、強力なプロセッサーが必要とされるのです。

一般的に、マルチコアのプロセッサーが推奨されます。

これは、複数のコアが同時に複数のタスクを処理できるため、ビデオ編集の効率を大きく向上させることができるからです。

特に、IntelのCore i7やi9、AMDのRyzen 7またはRyzen 9シリーズなどが良い選択肢となります。

これらの高性能プロセッサーは、高いクロック速度とともに多数のコアを持ち合わせているため、大量のデータを素早く処理することが可能です。

さらに、これらのプロセッサーは高度なエンコーディングやデコーディング能力を持っており、4Kビデオの編集時にはこの能力が特に求められます。

また、エフェクトの追加やカラーグレーディングなどの処理をスムーズに行うためには、高速なプロセッサーが役立ちます。

これにより、プレビューが速く反映され、編集作業の効率が大きく向上します。

重要なのは、ビデオ編集のために特化された機能を持つプロセッサーを選ぶことで、全体の作業時間を短縮し、クリエイティブな作業に集中できるようになることです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41644 2413 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 39031 2075 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38955 2046 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29590 2037 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29185 1967 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27346 2042 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22329 1947 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20596 2013 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19729 1935 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17934 1813 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15463 1979 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格

メモリの重要性 快適なビデオ編集作業のために

ビデオ編集作業においては、メモリの量と速度が作業の快適さを大きく左右します。

特に高解像度の素材を扱う場合や、複数のアプリケーションを同時に使用する際には十分なメモリが必要です。

メモリが不足していると、ビデオの読み込みが遅くなったり、編集中にシステムが停止する可能性があります。

一般的には、少なくとも16GBのメモリが推奨されますが、4K以上のビデオ編集を行う場合には32GB以上を目安にすると良いでしょう。

さらに、メモリの速度もパフォーマンスに大きく影響します。

速度が速いほど、データの処理が迅速に行われ、エフェクトの適用やレンダリング時間が短縮されます。

ビデオ編集用のPCを選ぶ際には、DDR4やDDR5といった新しいタイプのメモリを搭載しているモデルを選ぶことが望ましいです。

これらのメモリは、以前のモデルと比較して速度が大幅に向上しており、より効率的なビデオ編集が可能となります。

メモリの重要性を理解し、適切なスペックのPC選びを行うことで、ビデオ編集作業の効率が大幅に向上します。

このため、ビデオ編集における作業のストレスを減らすと同時に、創造的なプロセスにもっと集中することができるようになります。

ストレージの選択 速度と容量のバランス

ビデオ編集PCにおいてストレージの選択は極めて重要です。

最適なバランスを見極めることが必須となります。

主に、SSDとHDDの二つのタイプが存在し、それぞれ速度と容量の特性が異なります。

SSDは速度が非常に速く、映像データの読み書きが頻繁に行われるビデオ編集では、作業の効率を大きく向上させます。

しかし、高容量モデルは価格が高めです。

一方で、HDDはSSDより読み書き速度は落ちますが、一般的に大容量でコストパフォーマンスに優れています。

ビデオ編集を行う場合、使用するファイルサイズが大きいため、高速なSSDをシステムドライブとして配置し、一時ファイルやプロジェクトファイルの保存場所として利用するのが理想的です。

一方、保存用の大量データやバックアップには、HDDを使用すると良いでしょう。

この方式により、高速な作業環境と大容量のストレージの両方を効果的に活用することができます。

また、ビデオ編集ではファイルの安全性も考慮する必要があります。

そのため、重要なデータは外部ストレージにも定期的にバックアップを取ることをお勧めします。

技術が進化する中で、近年ではより高速で大容量なNVMe SSDも注目されています。

これらを選択することで、さらに快適なビデオ編集環境を実現することが可能です。

速度と容量のバランスを考え、各自のビデオ編集スタイルに合ったストレージ構成を選ぶことが成功への鍵となります。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

グラフィックカードの役割 GPU加速を活用した編集

ビデオ編集の際、グラフィックカードは非常に重要な役割を担っています。

特に高解像度の映像や複雑なエフェクトが含まれる作業では、CPUだけでは処理が追い付かなくなることが往々にしてあります。

ここでGPU加速が役立つわけですが、これはグラフィックカードの計算資源を利用してビデオ編集ソフトウェアが映像処理を高速化する技術です。

たとえば、Adobe Premiere ProやDaVinci Resolveなどの編集ソフトは、GPUを使用してリアルタイムでのビデオプレビューや迅速なレンダリングを可能にします。

適切なグラフィックカードを選ぶことは、これらの処理をスムーズに行うために不可欠です。

現代のビデオ編集では、4Kや8Kといった高解像度ビデオが普及しており、これには大量のデータ処理能力が求められます。

そのため、高性能なGPUはこれらの大量データを効率よく扱うために重要となっているのです。

例えば、NVIDIAやAMDの最新グラフィックカードは、ビデオ編集で要求される高度な計算を効率的に実行することができ、編集作業の時間短縮にも寄与します。

さらに、GPUのVRAM、つまりビデオRAMの容量も重要です。

VRAMは高解像度の素材を扱う際に必要とされるメモリであり、VRAMが豊富にあればあるほど多くのデータを一時的に保存し、高速にアクセスすることができます。

よって、VRAMの容量はビデオ編集のパフォーマンスに直接影響します。

ビデオ編集用のPCを選ぶ際は、これらのグラフィックカードのスペックをしっかりと確認し、編集のニーズに合った選択をすることが求められます。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36564 73983 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30406 73279 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29442 68199 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26447 67380 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23982 55538 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20138 50382 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19441 51029 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18160 45794 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17170 42365 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13603 34543 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13602 34991 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13485 34360 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12597 30322 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10941 31679 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10768 28528 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10759 27448 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7414 19583 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6338 16011 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

初心者向けビデオ編集PC YouTube動画編集に最適な構成

初心者向けビデオ編集PC YouTube動画編集に最適な構成

手頃な価格で始める おすすめエントリーモデル

ビデオ編集を趣味や副業として始めたい初心者にとって、選択肢はたくさんありますが、価格と性能のバランスが重要です。

手頃な価格で優れたパフォーマンスを提供するおすすめのエントリーモデルとして、Intel Core i5プロセッサー、16GBのRAM、そして最低512GBのSSDを搭載したPCが挙げられます。

これらのスペックは、YouTube動画編集に必要な処理能力を十分に提供し、画質やエフェクトの追加にもスムーズに対応できるため、編集作業が快適に行えます。

また、ビデオ編集ではグラフィック性能も重要ですので、NVIDIAのGeForce RTX3050など、中価格帯のグラフィックカードを備えたPCを選ぶと良いでしょう。

このグラフィックカードなら、多くの編集ソフトウェアで求められるグラフィック処理もスムーズにこなすことができます。

さらに、拡張性に優れたモデルを選ぶことも大切です。

将来的には更に高度な編集を望むようになるかもしれませんので、メモリやストレージが簡単に増設できるモデルを選べば、長く使い続けることが可能です。

ビデオ編集の入門モデルとしてこれらのポイントを押さえたPC選びをすることが、スムーズな編集作業への第一歩となるでしょう。

必要なソフトウェアとアクセサリー

ビデオ編集を始める際には、適切なソフトウェアとアクセサリーが欠かせません。

初心者がYouTube動画を効果的に編集するためには、まずはユーザーフレンドリーで多機能な編集ソフトを選ぶことが大切です。

例えば、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどが非常に人気がありますが、これらは比較的高価であるため、初心者にはDaVinci Resolveのような無料であるにも関わらずプロフェッショナルな仕上がりを提供するソフトウェアがお勧めです。

また、映像を鮮明に編集するためには、高解像度のモニターが必要です。

特に、色調整や細部の編集を行う際には、色再現性に優れたIPSタイプのディスプレイが適しています。

音声も重要な要素であり、外部からのノイズを最小限に抑える高品質なマイクロフォンと、編集時の詳細な音調整が可能なオーディオインターフェイスも必要になります。

これらのツールを選ぶ際には、自分のプロジェクトに最も適した機能を提供するかを考慮すると同時に、使いやすさも重視するとよいでしょう。

また、長時間の作業になることも考えられるため、効率的に作業を進めることができる環境を整えることが成功への近道です。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

プロ並みのパフォーマンスを家庭にもたらす、エキスパート向けのゲーミングPC
至高のバランスで最先端ゲームを極める、快適な32GB DDR5メモリと迫力のグラフィックス
すべてがクリアに見えるミドルタワーケース、美しさも機能性も抜群のデザインマシン
最新のコアで速さを極める、Ryzen 9のパワーを搭載したPC

【ZEFT R46J スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

エクセプショナルなパフォーマンスを追求した、幅広い用途に適応するエリートゲーミングPC
RTX 4070 Superが織りなす映像美、Core i9の驚異的な速度。均整の取れた高スペック体験
静謐な戦場を実現するAntec P10 FLUX、静かながらも威風堂々たるプレゼンス
タスクを圧倒するCore i9-14900F、プロセッサの真骨頂を引き出す

【ZEFT Z48H スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

力強いパフォーマンスと信頼性を兼ね備えた、ゲーミングPCの新定番モデル
2023年発売、最新技術を凝縮したパーツで絶妙なバランスを実現した、注目のスペック
見た目も機能も兼ね備えた、クリアパネル搭載のNZXT H5 Flowケースが魅せる洗練デザイン
AMD Ryzen™ 7 7700、最新CPUであらゆるタスクを高速処理

【ZEFT R52C スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR
【ZEFT Z47BR スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

パワーとスタイルを兼ね備えた、真のゲーマーのためのミドルハイクラスゲーミングPC
最新ゲームも驚異の速度で快適プレイ!32GB DDR5と2TB NVMe SSDの黄金バランス
クリアパネルから覗くRGBの輝き、Corsairのエアフロー設計の美しさが際立つ
多彩なタスクを軽々処理、Core i9-14900KF搭載でパフォーマンスの新境地へ

【ZEFT Z45DBFJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

アップグレード対応性 将来的な拡張を見据えたPC選び

アップグレード対応性を考慮したビデオ編集用PCの選び方は、将来的な拡張性を見据える重要なポイントです。

初心者でも後々まで活用できるシステムを選ぶことは、長期的に見てコストパフォーマンスも良くなり、さまざまな編集ニーズに柔軟に対応できるようになります。

特にビデオ編集では、解像度の向上や多層エフェクトの使用など、処理負荷が高まる作業が増えがちです。

したがって、基本的にはCPUやGPU、メモリといった主要なスペックを、後で容易に増強できる設計のものを選ぶことが望ましいです。

例えば、マザーボードは将来的なCPUやGPUのアップグレードを可能にするものを選び、拡張スロットに余裕があることを確認しておくことが重要です。

また、メモリスロットは拡張用に少なくとも一つは空きを確保し、ストレージも追加可能な設計かをチェックすると良いでしょう。

これにより、将来的にビデオ編集のニーズが高度化しても、その都度、必要なスペックへと適切にアップグレード可能となります。

このように、ビデオ編集用PCを選ぶ際には、最初から最高のスペックを備えたものを選ぶだけでなく、自身の成長とともにシステムも進化できるように考慮することが鍵を握ります。

これにより、新しい技術やトレンドに迅速に対応することが可能となり、初心者から上級者まで長く使い続けることができるのです。

中級者向けビデオ編集PC クオリティを求めるYouTuberの選択肢

中級者向けビデオ編集PC クオリティを求めるYouTuberの選択肢

パフォーマンスと価格のバランス

中級者向けのビデオ編集PCを選ぶ際、パフォーマンスと価格のバランスは重要なポイントです。

特にクオリティを求めるYouTuberにとって、動画編集のスムーズさは視聴者に与える印象を大きく左右します。

高性能CPUや十分なRAM、そして高速なストレージは、複数のビデオトラックや高解像度の素材を扱う際に、遅延を減らし効率を上げるために必須の要素です。

また、グラフィックスカードも重要で、特に4K以上の解像度で編集を行う場合や、複雑なエフェクトとカラーグレーディングをこなす際には、パワフルなGPUが求められます。

市場にはさまざまな価格帯の製品がありますが、中級者用のビデオ編集PCを選ぶ際には、将来的なアップグレードの可能性も考慮することが賢明です。

例えば、最初は基本的な構成で始めて、後からメモリやストレージを追加するなどの方法で、初期投資を抑えつつ必要に応じて性能向上を図ることができます。

これにより、使い勝手を損なうことなく、長期にわたりコストパフォーマンスを維持することが可能です。

さらに、ソフトウェアとの互換性も選択の際の大きな要因ではあります。

多くのプロフェッショナルな編集ソフトウェアは、特定のハードウェアに最適化されていることが多いため、使用する編集ソフトウェアが推奨するスペックを参考にすると良いでしょう。

実際にビデオ編集を行う際には、スムーズな作業フローが保証され、クリエイティブなプロセスに集中できる環境が整えられるため、その結果としてより高品質なコンテンツを制作することが可能となります。

このようにパフォーマンスと価格のバランスを考えたPC選びは、中級者のYouTuberが次のステップへ進むための重要なステップです。


多トラック編集とエフェクト処理に最適な構成

ビデオ編集において中級者向けのパソコンを構成する際、多トラック編集や複雑なエフェクト処理をスムーズに行えることが重要です。

特にYouTuberがクオリティの高いコンテンツを制作するためには、高速なプロセッサと十分なRAM、強力なグラフィックカードが必須です。

多トラック編集を行う際は、複数のビデオとオーディオトラックを同時に扱うため、プロセッサの性能が直接編集の効率に影響します。

例えば、IntelのCore i7やAMDのRyzen 7以上のCPUが適しています。

これに加えて、16GB以上のRAMを搭載することで、複数のアプリケーションやファイルを同時に扱ってもPCがスムーズに動作し続けます。

次にグラフィックカードですが、Adobe Premiere ProやAfter Effectsといった編集ソフトウェアはGPU加速を利用してビデオエフェクトのプレビューやレンダリングを高速化します。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのようなカードが、これらのタスクに対して高いパフォーマンスを発揮します。

また、ストレージに関しても重要です。

SSD(特にNVMeタイプ)を使用することで、ビデオファイルの読み書き速度が向上し、編集中のタイムラインの応答性が改善されます。

大容量のビデオファイルを扱う場合は、1TB以上のSSDを推奨します。

これらの構成要素を適切に組み合わせることで、中級者向けのビデオ編集PCとして、YouTuberが求めるクオリティを発揮する編集作業が可能になります。

エフェクト処理の速度と多トラック編集のスムーズさは、視聴者にとっても魅力的なコンテンツを提供する上で非常に大切です。

動画編集に適したモニターの選び方

ビデオ編集において適切なモニターを選ぶことは、編集作業の質を大きく左右します。

特に色彩の正確性は重要で、色校正がしっかりとされたIPSパネルのモニターが最適です。

このタイプのモニターは、色の再現性が高く、視野角が広いため、どの角度から見ても色の変化が少ないため、細かな色調整が求められるビデオ編集には欠かせません。

また、解像度もビデオ編集には重要な要素です。

現在、4K解像度のモニターが推奨されることが多いですが、これは編集中の映像がより細かく、鮮明に表示されるため、細部の編集がしやすくなるからです。

4Kモニターを使用すれば、フルHDでの編集作業も精度高く行えます。

応答速度も見逃せないポイントです。

特に動きの速いシーンを編集する際には、モニターの遅延が少ないことが求められます。

一般的には5ms以下の応答速度を持つモニターが好ましいとされています。

これにより、ビデオ再生中のぶれや遅延を最小限に抑えることができ、よりスムーズな編集作業を支援します。

最後に、モニターのサイズですが、ビデオ編集を行う場合には、少なくとも27インチ以上のものを選ぶことをお勧めします。

大きな画面では複数のウィンドウを同時に開くことができ、効率的に作業を進めることが可能です。

また、画面が大きければ大きいほど、細部までクリアに確認できますので、緻密な編集が要求される場面で力を発揮します。

色再現性、解像度、応答速度、そしてモニターのサイズ、これら全てがビデオ編集の質を決定づける要素であり、適切なモニター選びが、より高いクオリティの映像作成に繋がるのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

プロユース向けビデオ編集PC 映画制作に対応するハイエンドモデル

プロユース向けビデオ編集PC 映画制作に対応するハイエンドモデル

大規模プロジェクトに対応するスペック

大規模プロジェクトに対応するためのビデオ編集PCは、処理能力とデータ処理速度が非常に重要です。

特に映画制作では、4Kや8Kといった高解像度の映像をスムーズに扱える強力なCPUと、大容量のRAMが必須となります。

例えば、Intelの最新i9プロセッサーやAMDのRyzen Threadripperシリーズなどが好適です。

これらは多数のコアを有しており、複雑なエフェクトやカラーグレーディングをリアルタイムで処理するのに適しています。

また、映像データの読み書き速度を高速化するためには、高性能なSSDが推奨されます。

NVMe対応のSSDは、従来のSATA SSDに比べて数倍の速度を誇り、大容量の映像ファイルのロードや保存時間を大幅に短縮できます。

さらに、グラフィックスカードも重要な役割を果たします。

NVIDIAのQuadroシリーズやAMDのRadeon Proシリーズは、4K以上の解像度での作業を快適に行えるだけでなく、色精度が高く、プロフェッショナルな映画制作に求められる細かな色調整も正確に行うことができます。

これらのハイエンドモデルを搭載したPCは、長時間の作業にも耐えうる堅牢な構造であることが多く、効率的に作業を進めることが可能です。

エンコーディングやレンダリングの時間短縮はもちろんのこと、創造的なプロセスにもっと集中する時間を増やせるでしょう。

これにより、映画制作の現場で求められる高品質な映像コンテンツの制作がスムーズに行えるようになります。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パワーユーザー驚愕、ミドルハイグレードのエキスパートマシン
フラッグシップCPUとRTX 4070Tiのシンフォニー、鮮烈なパフォーマンス
静かなる風、アンテックの洗練ケースが紡ぐ優雅なサイズ感
マルチタスクも滑らか、最新i7-14700KFの力強いパフォーマンス

【EFFA G04B スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

プレミアムゲーム体験をコミットするモダンバランスクラスのゲーミングPC
圧倒的なグラフィックスと迅速な処理力、均整の取れたハイスペックモデル
静寂を纏ったAntec P10 FLUXの洗練されたデザイン性に注目
Core i7 14700F搭載、力強いマルチタスクと高速性能を実現

【ZEFT Z48DA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

力強いパフォーマンス、コンパクトに凝縮。プレミアムゲーミングPCへの入門モデル
バランスの極みを実現、32GBメモリと1TB SSDの速さが光るスペック
スリムで洗猿、省スペースながらもスタイルにこだわったPCケース
最新のRyzen 7パワー、躍動する3Dタスクを前にしても余裕のマシン

【ZEFT R53FC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

スムーズなゲーミング体験を実現する、アドバンスドなマシン
メモリ64GBで高速なパフォーマンス、均整の取れた注目スペック
北欧デザイン訴求の洗練されたミニマルケース
マルチタスクも滑らか、最新Core i7でパワー全開

【ZEFT Z47AK スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

色彩正確性を重視したディスプレイ選択基準

映画制作におけるビデオ編集PC選びで最も重要なのが、色彩正確性を重視したディスプレイの選択です。

映画制作では、画面上で見た色が実際の色と異なると、視聴者に提供するイメージや情感が意図した通りに伝わりません。

そのため、色域が広く、カラー精度の高いディスプレイが求められます。

特にAdobe RGBやDCI-P3などの広いカラーガムートをサポートしているモデルを選ぶことが重要です。

また、モニターの解像度も重要な要素です。

高解像度であればあるほど、細かいディテールがクリアに表示され、編集中の画像の精度も向上します。

4K以上の解像度を持つディスプレイを選ぶことで、より細かな修正や評価が可能になります。

カラーマネジメントをサポートするためには、ハードウェアキャリブレーションが可能なディスプレイを選択するのが望ましいです。

これにより、色の再現性が向上し、編集作業がより正確に行えるようになります。

定期的なキャリブレーションを実施することで、常に一貫した色調整が可能となり、プロジェクト全体での色の一致も保ちやすくなります。

このように、映画制作用のビデオ編集PCでは、色彩の正確さを確保できるディスプレイの選び方が非常に重要です。

適切なディスプレイを選ぶことで、作品の質を格段に向上させ、視聴者に最高の視覚体験を提供できるようになります。

高速データ転送を可能にする入出力オプション

映画制作を目的としたビデオ編集PCでは、高速データ転送が必要不可欠です。

これが実現できないと、大量のデータを扱う際に時間がかかり過ぎてしまったり、作業効率が大幅に低下してしまいます。

そのため、プロユース向けのモデルには、特に優れた入出力オプションが備わっています。

具体的には、Thunderbolt 3やUSB-Cといった最新の接続規格が採用されています。

これらは、秒間数ギガバイトのデータを移動できるため、複数の4Kビデオファイルを同時に扱う際でもスムーズに作業を進めることが可能です。

また、プロフェッショナルな編集作業では、外部モニタへの高解像度出力が求められることもありますが、これらの接続規格は高いビデオ出力能力も持っているため、効率的に多画面作業を行うことができます。

さらに、編集作業では、外部ストレージへのアクセスも頻繁に必要になります。

高速なデータ転送をサポートするポートを備えていれば、大容量のデータアーカイブやバックアップも手間なく行えます。

これにより、データのセキュリティも強化され、万が一のデータ損失リスクを軽減できます。

このような特性を持つハイエンドモデルを選ぶことで、映画制作の各段階、特にポストプロダクションの効率が大幅に向上します。

時間を有効に使えるだけでなく、創造的な作業により集中できる環境が実現されるわけです。

これらの理由からも、プロユース向けビデオ編集PC選びにおいて、高速データ転送を可能にする入出力オプションは、非常に重要な要素となっています。

ビデオ編集ソフトウェア別最適PCガイド

ビデオ編集ソフトウェア別最適PCガイド

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

勝利へ導くパワフルさ、遅滞なきフレームレート、私たちのゲーミングPC
プレミアムな体験をバランスよく提供、ゲームも作業もこのスペックで快適に
クリアケースから覗く煌びやかな光、スタイリッシュなデザインのマシン
多忍なタスクもスムーズにこなす、Core i7の力強いパフォーマンスを体感せよ

【ZEFT Z45ABA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

高速&高解像度ゲームに対応、ミドルグレードのパワフルゲーミングPC
ゲームも作業もスムーズ!32GBメモリ&高速1TB SSD、理想のバランス
静かな強さ、Silencio S600。見た目も中身もクールなデザインモデル
Core i7-14700F搭載、マルチタスクも快適なエキスパート性能

【ZEFT Z47AO スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AO

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

高速ストリームも滑らかプレイもお任せの頂点ゲーミングPC
RTX? 4070 Superが描く画、i7-14700KFが駆る力、バランスの妙技
シックなスチールパネルが秘めたるパワー、スマートミドルタワー
新世代Core i7で、毎秒を支配する処理速度を体感

【ZEFT Z48FA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

ソリッド・ゲーミングマシン:処理能力とグラフィックの優れた次世代体験を、余裕の32GB DDR5とともに
高速バランスの極地:1TB NVMe SSDと850W Gold電源が、パワーと応答速度の極上の同等性を実現
静寂の城、Antec P10 FLUX:洗練されたミドルタワーが、美と機能性を一体化させたデザイン
芯から速さを生む:Core i5-14600KFが、最新のタスクもスムーズにさばく

【ZEFT Z45NA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45NA

Adobe Premiere Proを最大限に活かすPC構成

Adobe Premiere Proを最大限に活かすPC構成について解説します。

Adobe Premiere Proは業界標準ともいえる高性能なビデオ編集ソフトウェアであり、その性能を最大限に引き出すためには適切なPCスペックが必要です。

まず、プロセッサは複数のコアを持つものを選ぶことが望ましいです。

特に、Intelのi7またはi9、AMDのRyzen 7またはRyzen 9など、高性能なCPUが推奨されます。

これらは複雑なエフェクト処理やリアルタイムレンダリングを効率的にこなすことができます。

次に重要なのは、メモリです。

Adobe Premiere Proを滑らかに動作させるには、最低でも16GBのRAMが必要ですが、4KやVRといったヘビーな編集作業を行う場合には32GB以上を推奨します。

また、グラフィックカードに関しては、NVIDIAやAMDの最新モデルが適しています。

これらのグラフィックカードは大量の映像データを迅速に処理でき、エンコードやカラーグレーディング作業を高速に行うことが可能です。

ストレージに関しては、SSDの使用をお勧めします。

特に、システムドライブとプロジェクトファイル用のドライブは分けて構成すると、データの読み書き速度が向上し、全体の作業効率が大きく改善されます。

さらに、定期的なバックアップのためにも追加の外部または内部ハードドライブを設置することが良いでしょう。

こうした構成要素をしっかりと考慮することで、Adobe Premiere Proはその潜在能力を最大限に発揮し、プロレベルのビデオ編集作業をスムーズに進行させることができるでしょう。

Final Cut Pro Xを快適に使用するためのMac選び

Final Cut Pro Xは、その高度な機能と使いやすさから、プロフェッショナルなビデオ編集者に広く支持されていますが、このソフトウェアの全機能を快適に使用するためには、適切なMacの選択が重要です。

特に、映画制作や高解像度の動画編集を行う場合には、強力なグラフィックス性能が求められます。

そのため、Mac Proや最新のiMac Proがおすすめです。

これらのモデルは、高性能なグラフィックプロセッサーを搭載しており、複雑なビデオエフェクトや3Dレンダリングをスムーズに処理できます。

また、Final Cut Pro Xを使用する際には、大量のビデオデータを扱うことになるため、十分なストレージ容量の確保も重要です。

内蔵SSDの容量が大きいモデルを選ぶか、外部ストレージを活用する方法があります。

Mac Proの場合、内部に複数のストレージを追加することが可能で、データの読み書き速度も速くなるため、作業効率が格段に上がります。

さらに、ビデオ編集では多くのメモリが必要となるため、32GB以上のRAMを搭載しているMacを選ぶことをおすすめします。

Final Cut Pro Xは、使用可能なメモリを効率的に使う設計となっているため、多くのメモリを搭載しているほど、より多くのアプリケーションを同時に快適に実行できます。

このように、Final Cut Pro Xを最大限に活用するためには、グラフィック性能、ストレージ容量、メモリ量を重視したMacの選択が不可欠です。

適切なモデルを選ぶことで、ビデオ編集の効率性およびクリエイティブの可能性が広がります。


Davinci Resolveにおける高性能PC要件

ビデオ編集の分野で高評価を受けているDavinci Resolveを使用する際には、特に高性能なPCが要求されます。

このソフトウェアは、高解像度の映像データをスムーズに扱うために、強力なプロセッサーと大量のRAMを必要とします。

具体的には、Intel i7以上またはAMD Ryzen 7以上のCPUが推奨されます。

これに加えて、最低16GBのRAMが必要ですが、4K以上の編集を行う場合は32GB以上を配置することが望ましいです。

さらに、Davinci ResolveはGPUの能力を大いに活用するため、NVIDIAまたはAMDの高性能なグラフィックスカードが求められます。

特にカラーグレーディングや複雑なエフェクトの処理には、GPUの力が直接的な影響を与えるため、少なくとも8GBのVRAMは欲しいところです。

また、ストレージに関しては、SSDを利用することでプロジェクトの読み込みや書き込み速度が大幅に向上し、作業効率が改善されます。

できればNVMe SSDを選ぶといいでしょう。

これらのスペックを整えることで、Davinci Resolveはその真価を発揮し、プロフェッショナルなビデオ編集作業を効率的かつ効果的に支援します。

ですから、編集作業における快適さを追求するなら、これらの要件に見合ったPCを組むか選ぶことが非常に重要です。

ビデオ編集専用機と汎用PCのメリット・デメリット

ビデオ編集専用機と汎用PCのメリット・デメリット

専用機にするべきか?一般用途との兼ね合い

ビデオ編集専用機を選ぶか、または汎用的なPCを使用するかは、その使い方によって大きく左右されます。

専用機のメリットは、専門的な用途に特化しているため、高いパフォーマンスと安定性が期待できる点です。

ビデオ編集に必要なソフトウェアやハードウェアの互換性が高く、複雑なエフェクトや長時間の動画でもスムーズに処理できる能力を持っています。

一方で、専用機は価格が高めに設定されており、他の用途には柔軟性に欠けることがあります。

汎用PCの場合、価格が比較的手頃で、文書作成やインターネット閲覧、軽度のゲームなど、多岐にわたる日常的な用途に対応できる汎用性を持っています。

しかし、ビデオ編集専門の作業を行う場合、追加の投資が必要になることもあり、例えば高性能なグラフィックカードや追加のRAMの購入が必要になることもあります。

また、安定性や処理速度が専用機に比べると劣る場合が多いです。

このため、ビデオ編集を頻繁に行い、特に高解像度の映像や複雑な編集を必要とするプロジェクトに従事している場合は、専用機の購入を検討する価値があるでしょう。

逆に、ビデオ編集が趣味の範囲内であり、他の日常的な作業もPCで行いたい場合は、汎用PCの方が適切かもしれません。

どちらを選ぶかは、用途と予算、そして将来の拡張性を考慮して判断することが重要です。

長期的なコストパフォーマンスを考える

ビデオ編集専用機と汎用PCを選ぶ際、長期的なコストパフォーマンスを考慮することは極めて重要です。

最初に大きな投資を必要とするビデオ編集専用機は、その高性能と専門的な機能により、編集作業の効率を大幅に向上させることができます。

これにより、プロジェクトの納期を短縮し、より多くの仕事をこなすことが可能になり、結果的には初期投資のコストを長期にわたって回収できる可能性があります。

一方で、汎用PCは初期投資が低く抑えられるため、予算が限られている場合や、ビデオ編集以外にも多様な用途でPCを活用したい場合に適しています。

しかし、専用機に比べると性能が劣るため、より時間がかかることや、将来的にアップグレードが必要になることがあります。

そのため、総合的なコストを考慮すると、当初は安価でも長期的にはコストがかさむこともあります。

したがって、ビデオ編集の頻度やプロジェクトの規模、将来的な展望を踏まえて、どちらのPCを選ぶべきか検討することが重要です。

ビデオ編集を本格的に行い、時間効率も重視する業務であれば、専用機を選んだ方が長期的に見てメリットが大きいかもしれません。

カスタマイズ性 ユーザーのニーズに合わせたPC構築

ビデオ編集に特化したPCの構築において、カスタマイズ性は重要な要素です。

市販の汎用PCもビデオ編集に使用できますが、専用機をカスタマイズすることで、ユーザーの特定のニーズにきめ細かく応えることが可能になります。

例えば、高解像度の映像を扱う場合、強力なグラフィックカードや大容量のRAMが必要です。

また、長時間の作業を快適に行うためには、静音性に優れた冷却システムを選ぶことが望ましいでしょう。

このようにカスタマイズを行うことで、ビデオ編集の効率が大幅に向上します。

特にプロフェッショナルな編集を行う場合、その差は顕著です。

たとえ初期投資が高くなる場合でも、時間短縮と作業のストレス軽減が、長期的には大きなメリットとなるでしょう。

さらに、将来的にテクノロジーが進化することを考慮すれば、拡張性も重要です。

容易に部品の追加や交換ができる設計であれば、新しいソフトウェアやフォーマットにも柔軟に対応できるため、長く使い続けることができます。

しかし、デメリットも無視できません。

カスタマイズPCは知識を要するため、組み立てには専門性が求められます。

また、保証の面でも汎用PCと比べて複雑になることがあります。

それでも、ビデオ編集を本格的に行いたいのであれば、このカスタマイズ性を生かしたPC構築が、圧倒的なパフォーマンスを発揮する鍵となります。

4K、8K動画編集に対応するPC製品の紹介

4K、8K動画編集に対応するPC製品の紹介

高解像度編集のための強力な仕様

高解像度動画編集を行う際には、特にパワフルな仕様を備えたPCが必要です。

まず、プロセッサーは多くのスレッドと高いクロック速度を備えたものを選ぶことが欠かせません。

例えば、IntelのCore i9やAMDのRyzen Threadripperなどが適しています。

これら高性能CPUは、4Kや8Kといった高解像度データの処理を、より速く、効率的に行う能力があります。

次に重要なのがグラフィックカードです。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、GPUが強力であればあるほど、高解像度の画像処理がスムーズになります。

特に動画編集では、画像のレンダリング速度が非常に重要視されるため、最新かつ高性能なグラフックカードの選択が推奨されます。

また、大量のデータを扱うためには、十分な量と速度を備えたメモリも重要です。

少なくとも32GB以上のRAMを搭載し、可能であれば64GBを目指すことが望ましいです。

さらに、読み書き速度が速いSSDは、大容量の4K、8K動画ファイルの読み込み及び書き込み速度を効果的に向上させます。

これらの高性能コンポーネントを組み合わせることで、4Kや8Kの高解像度動画編集作業が快適に、そして効率的に進行します。

編集作業の流れもスムーズになり、クリエイティブな作業に更に集中することができます。

VR・360度ビデオ編集に適したPCの要件

VRや360度ビデオ編集においては、高いグラフィックス処理能力が要求されます。

これらのビデオは従来の2Dビデオよりもデータ量が膨大であるため、ビデオ編集用PCでは強力なグラフィックスカードが必要とされます。

NVIDIAのQuadroやGeForce RTXシリーズ、AMDのRadeon ProやRadeon RXシリーズが特におすすめです。

これらのグラフィックスカードは、複雑な画像処理をスムーズに行い、リアルタイムでの編集作業を効率的にサポートします。

また、VRや360度ビデオを快適に扱うには、十分なRAMと高速なプロセッサが重要です。

最低でもRAMは16GB以上が望ましいですが、32GB以上を搭載しているとさらに快適です。

プロセッサは、Intel Core i7以上またはAMD Ryzen 7以上が適しています。

これにより、高解像度のビデオデータを迅速に処理し、エフェクトの適用やレンダリング時間の短縮が可能になります。

ストレージに関しては、SSDを使用することでデータの読み書き速度が大幅に向上し、作業効率が良くなります。

特にNVMe SSDを利用すると、さらに速度が向上します。

また、大容量のビデオデータを保存するために、追加のHDDも併用することをお勧めします。

最後に、PCの冷却システムも重要です。

VRや360度ビデオの編集はプロセッサに高負荷をかけるため、適切な冷却がないとパフォーマンスが低下したり、システムが不安定になる可能性があります。

エアクーリングまたは水冷システムを選択して、長時間の作業でも安定した性能を維持できるようにしましょう。

これにより、クリエイティブなビデオ編集がスムーズに進められることでしょう。

動画品質とレンダリング速度を両立させるコンフィグ

ビデオ編集において、高解像度の4Kや8K動画を扱う際には、動画品質とレンダリング速度のバランスが重要です。

高解像度の動画ファイルは圧倒的なクオリティを提供しますが、それには相応の高性能なハードウェアが必要とされます。

特に、プロセッサ(CPU)とグラフィックスカード(GPU)は、高速なビデオレンダリングに不可欠な要素です。

多くのプロフェッショナルは、Intel Core i9やAMD Ryzen 9といった多コアの高性能CPUを推奨しています。

これらのCPUは、複数のコアを有しており、同時に多くの処理をこなすことができるため、大量のデータを素早く処理できます。

また、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズなど、高性能なGPUもレンダリング速度の向上に寄与します。

これらのGPUは、特に画像処理に最適化されており、エンコードやカラーグレーディングの作業を効率的に行うことが可能です。

さらに、RAMは少なくとも32GB以上を搭載することで、大容量の動画データの読み込みや編集処理の速度が向上します。

これらのハードウェア構成に加えて、SSDの使用も重要です。

特にNVMe SSDは、従来のSSDやHDDに比べて読み書き速度が格段に速いため、データのロード時間を大幅に削減でき、作業の効率を高めることができます。

このような構成を整えることで、4Kや8Kといった高解像度の動画編集作業でも、品質を犠牲にすることなく、スムーズで迅速なレンダリングが実現します。


ゲーム配信者向けビデオ編集PC ゲームプレイ動画作成に最適化

ゲーム配信者向けビデオ編集PC ゲームプレイ動画作成に最適化

ゲーム録画と編集のためのスペック要求

ゲーム配信者がビデオ編集PCを選ぶ際に最も重視すべきは、高い解像度のゲームプレイ動画をスムーズに録画し、効率よく編集できることです。

このためには、強力なCPUと十分なRAMが必要です。

特に、ゲーム録画では多大なCPUリソースを使用するため、最低でも8コア以上のプロセッサが推奨されます。

また、動画編集においては、複数のソフトウェアを同時に使用することが多いため、16GB以上のRAMを搭載していることが望ましいです。

次にグラフィックスカードですが、これは動画のエンコードやデコード、リアルタイムのエフェクト処理に大きく影響します。

NVIDIAやAMDの中でも上位クラスのモデルを選ぶことで、高解像度の動画も快適に扱うことができます。

さらに、SSDの容量も重要です。

動画ファイルは非常に大きいため、素早くデータにアクセスするためには、500GB以上のSSDが推奨されています。

これにより、プロジェクトの読み込みや書き出しの速度が格段に向上します。

最後に、冷却システムの充実も見逃せません。

高負荷な作業を長時間行うため、適切な冷却はパフォーマンスの維持とハードウェアの寿命を延ばすために必須です。

適切な冷却を確保することで、パソコンが熱暴走することなく、安定して動画編集作業を行うことができます。

これらのスペック要求を満たすビデオ編集用PCを選ぶことで、ゲーム配信者は視聴者に高品質な映像を提供し続けることができるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ストリーミングと同時編集のためのパワフルな選択肢

ゲーム配信者がストリーミングとビデオ編集を同時に行う際には、非常に高いスペックが要求されます。

特にCPUの性能が重要で、マルチコア・マルチスレッド対応のプロセッサーが望ましいです。

例えば、AMDのRyzenシリーズやIntelのCore i9シリーズがよく推奨されます。

これらのCPUは複数の作業を同時に効率よく処理できるため、ゲームのプレイとその録画、そして編集をスムーズに行うことができます。

メモリも同様に重要です。

最低でも16GBのRAMは必要ですが、32GBあるいはそれ以上を有するとより快適に作業を進めることが可能です。

ビデオ編集においては、高解像度のデータを扱うため、多くのメモリが消費されることを考慮する必要があります。

ストレージに関しては、高速なSSDを使用することが推奨されます。

特にNVMeタイプのSSDは読み書き速度が非常に高いため、データのロードや保存が格段に速くなり、作業の効率が大幅に向上します。

ゲームのロード時間の短縮にも寄与し、ストリーミング中のパフォーマンス低下を避けられます。

ビデオカードも忘れてはなりません。

高品質なビデオをスムーズに編集するためには、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、強力なグラフィックカードが求められます。

これらのカードはビデオのエンコードとデコードを高速に行うことができ、より複雑なビジュアルエフェクトの適用も可能です。

以上の要素を慎重に選び、組み合わせることで、ゲーム配信者はストリーミングとビデオ編集を無理なく、かつ高品質に行うことができるようになります。

これにより、視聴者に対してより魅力的なコンテンツを提供することが可能です。

ネットワーク環境・ストレージ戦略

ゲーム配信者向けのビデオ編集PCを選ぶ際、ネットワーク環境とストレージ戦略は欠かせない要素です。

これらが整っているかどうかで、編集の効率や配信の安定性が大きく変わるからです。

まず、ネットワーク環境について考えてみましょう。

高画質のゲームプレイ動画をオンラインでアップロードするのには、高速かつ安定したインターネット接続が必要です。

たとえば、光ファイバー接続を選ぶと、アップロード速度が格段に速くなり、動画のアップロードにかかる時間を短縮することができます。

これが実践すれば、余った時間をよりクリエイティブな作業に充てることができるわけです。

Wi-Fiより有線接続を選ぶ方が安定性が高く、途中で接続が途切れるリスクを減少させることができるのもポイントです。

次にストレージ戦略について考えてみましょう。

ゲームプレイ動画は非常に大きなファイルサイズになりがちです。

そのため、十分なストレージ容量が必要です。

実はハードディスクドライブ(HDD)よりも、ソリッドステートドライブ(SSD)を使う方が読み書き速度が速く、より快適に編集作業が行えるのです。

これによって、動画ファイルを素早く扱えるようになり、編集作業が大幅にスムーズになります。

また、バックアップも忘れずに行うことが分かっているので、外付けHDDやクラウドストレージを活用するのも一案です。

クラウドストレージを使えば、高価な外付けドライブを購入しなくてもスペースを確保できるというメリットがあります。

つまり、ゲーム配信者にとって、ネットワーク環境とストレージ戦略をしっかり整えることが、スムーズな動画編集と安定した配信のための要注目ポイントです。

持ち運び可能なノートPCでのビデオ編集環境構築

持ち運び可能なノートPCでのビデオ編集環境構築

モバイル編集向けパワフルノートPCの選び方

ビデオ編集を行う際にモバイル環境での作業が可能なパワフルなノートパソコンの選び方にはいくつかの重要なポイントがあります。

まず、処理能力です。

ビデオ編集では高いCPUの性能が求められるため、少なくともインテルのCore i7以上や、AMDのRyzen 7以上を選ぶことをお勧めします。

次に、グラフィック性能が重要です。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、ビデオ編集に適したグラフィックスカードが搭載されているモデルを選びましょう。

また、メモリ容量もビデオ編集のスムーズさを左右します。

最低16GBは欲しいところですが、可能であれば32GBを選択することが理想的です。

ストレージに関しては、高速アクセスが可能なSSDが推奨されます。

特に大容量のビデオファイルを扱う場合は、512GB以上の容量を持つSSDを選んでください。

さらに、ディスプレイの品質も見逃せません。

色再現性が高く、高解像度のディスプレイを持つノートパソコンを選ぶことで、細かな色調の調整も正確に行えます。

これらのスペックを満たすノートパソコンを選ぶことで、外出先でも効率的かつ高品質なビデオ編集作業が可能となります。

異なる場所での作業が多いビデオクリエイターにとって、これらの機能を兼ね備えたノートパソコンは、創造性を最大限に引き出すための強力なツールとなるでしょう。

外部ディスプレイとの連携 フルセットアップガイド

持ち運び可能なノートPCを使用してのビデオ編集では、外部ディスプレイとの連携が効率と快適性を大きく向上させます。

まず、ノートPCが持つディスプレイのサイズと解像度の限界を超えるため、より広い作業領域を確保することが可能になります。

特に、複数のビデオトラックを同時に処理する編集作業では、画面の拡張が重要です。

外部ディスプレイを選ぶ際には、色再現性の高いモデルを選ぶことが肝心です。

映像編集では色彩の正確さが求められるため、少なくともsRGB 99%以上のカバレージを持つディスプレイを推奨します。

また、解像度に関しては、4Kディスプレイが望ましいですが、予算やノートPCのスペックにも左右されるため、最適なバランスを考慮することが大切です。

外部ディスプレイの設定には、ノートPCのポートの種類(HDMI、DisplayPortなど)と、ディスプレイが対応している入力端子を確認する必要があります。

多くの最新のノートPCではUSB Type-CやThunderbolt 3ポートを介してディスプレイに接続できるため、ケーブル一本で映像出力と充電が可能です。

最終的に、ノートPCと外部ディスプレイをうまく連携させることで、移動が多い編集作業でも快適に作業を進めることができます。

トラブルを避けるためにも、互換性や設定方法については事前にしっかりと調査し、最適な機器選びとセットアップを心がけることが推奨されます。

このような環境が整えば、どこでも効率よくクリエイティブな作業を行うことができるでしょう。

バッテリー寿命と携帯性の兼ね合い

持ち運び可能なノートPCを選ぶ際、ビデオ編集作業には特にバッテリー寿命と携帯性のバランスが重要です。

ビデオ編集はプロセッサやグラフィックカードなど、PCのリソースを大量に使用する作業であり、これがバッテリーの消耗を早める主な要因となります。

長時間の編集作業を行う場合でも、頻繁に充電の必要がないように、高いバッテリー容量を持つモデルを選ぶことが望ましいです。

しかし、バッテリー性能が高いモデルはしばしば重くなりがちで、その重量が携帯性に影響を与えることがあります。

携帯性を確保しつつも、適切なバッテリー寿命を持つノートPCを選ぶためには、バッテリーのWh(ワット時)数をチェックすることが重要です。

一般的に、50Wh以上のバッテリーを搭載したノートPCは、数時間のビデオ編集作業をサポートできるエネルギーを提供します。

また、PCのディスプレイの明るさやバックグラウンドで動作するアプリケーションの数を適切に管理することで、バッテリーの持ちを良くすることが可能です。

軽量でありながら長時間の作業が可能なモデルを選ぶことは簡単ではありませんが、最近の技術進歩により、多くの製造業者がバッテリー効率の良い高性能ノートPCを市場に出しています。

ビデオ編集用として特に設計されたノートPCを選ぶ場合は、ハードウェアのスペックだけでなく、バッテリー寿命と機体の重量も考慮に入れた選択が必要です。

ビデオ編集PC周辺機器とアクセサリー 作業効率を上げる必需品

ビデオ編集PC周辺機器とアクセサリー 作業効率を上げる必需品

ストレージソリューション 外付けHDDからNASまで

ビデオ編集においては、高解像度の映像データを扱うため、高速かつ大容量のストレージが必要不可欠です。

外付けHDDはその手軽さから多くの編集者に選ばれていますが、近年ではより高速にデータを転送できる外付けSSDも人気を集めています。

これらはUSB 3.0やThunderbolt 3などの高速インターフェースを利用しており、素早いデータアクセスが可能です。

さらに、大規模なプロジェクトや長期にわたる保存が必要な場合にはNAS(Network Attached Storage)が適しています。

NASはネットワーク経由でアクセスすることができるため、ビデオエディターが複数いる環境でもファイルの共有と管理が楽に行えます。

また、NASのシステムはRAID設定が可能で、データの冗長性を保つことができるため、何らかの障害が発生した際でもデータの損失リスクを低減できます。

映像作品の品質を左右するデータ管理のアプローチは多岐にわたりますが、それぞれのプロジェクトに最適なストレージソリューションを選定することが、結果的に作業効率の向上につながり、クリエイティブな作業をスムーズに進めることができるようになります。

外付けHDDやNASなど、選択肢を適切に活用することで、ビデオ編集作業はより流れるように進み、最終的な作品の品質向上に寄与します。


入力デバイス 快適な編集のためのキーボード・マウス選び

ビデオ編集作業の効率を大きく左右する重要な要素が入力デバイスの選び方です。

特にビデオ編集に特化したキーボードやマウスは、多くのショートカットキーがプリセットされており、複雑な操作を素早く簡単に行うことができます。

例えば、専用のキーボードには、カット、コピー、ペーストといった頻繁に使用する機能が特別なキーとして配置されており、これによりマウス操作の回数を大幅に減少させることが可能です。

また、エディターの手になじむマウスは、長時間の作業でも疲労を感じにくい設計がされているものを選ぶと良いでしょう。

人間工学に基づいたデザインのマウスは、手の形にフィットする形状であり、これによって自然な手の動きを実現し、精密な編集作業を支援します。

さらに、編集作業においては高い解像度を持つマウスが推奨されます。

細かいカーソルの動きが求められる作業では、dpi(dots per inch)の高いマウスがその精確性に大きく寄与します。

カーソルのスムーズな移動は、効率的な編集を助け、時間短縮にもつながります。

このように、ビデオ編集におけるキーボードとマウスの選び方は、ただの入力デバイスを選ぶ以上の意味を持っています。

適切な機器の選定は、作業効率だけでなく、創造的な作業を豊かにするための投資と言えるでしょう。

サウンド編集向けスピーカーとヘッドホン

サウンド編集を行う際には、細かい音の違いを正確に捉えることが非常に重要です。

特に映像作品では、音が世界観を大きく左右するため、適切なスピーカーやヘッドホンの選定が必須となります。

スピーカーにおいては、フラットな音質を再現できるモデルを選ぶことが推奨されます。

これにより、編集時に音のバランスを正確に調整でき、完成した映像の音響が自然に聞こえるようになります。

一方、ヘッドホンを選ぶ場合は、外部のノイズを遮断し、細部までクリアに聞こえるクローズドタイプが理想的です。

長時間の使用にも耐える快適な装着感と、音漏れを防ぐ構造もポイントになります。

映画制作からYouTubeコンテンツまで、高品質な音声は視聴者にとって引き込まれる要因の一つですから、しっかりとした選択が求められます。

プロフェッショナルな編集作業を支えるスピーカーやヘッドホンは、ビデオ編集の成否を大きく左右するため、選び方には十分な注意を払うことが重要です。

あわせて読みたい

パソコン選び方進化形 2024のおすすめはコレだ!

BTOパソコンチョイス

画像生成AI用のおすすめPC 効率を上げるスペックとは?

ゲーミングPCフリーク

パソコン寿命の迷信を打ち破る! 真の耐久性を見極めるポイント

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめハイエンドPCでYouTubeの魅力を最大化

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方 エンスージアスト向け組み立てテクニック

ゲーミングPC Tier1

究極のプレイ環境 2024年版おすすめBTOゲーミングPCガイド

ゲーミングPC.jp

目指せトップクリエイター! 3Dアニメーター向けPC選定戦略

ゲーミングPC評価ブログ

システムエンジニア向けパソコン最適化編 プログラミングの快適な伴侶

ゲーミングPC Tier1

Windows PCで変わるデスクワーク 選び方と効率化のヒント

BTOパソコンチョイス

2024年決定版! おすすめデスクトップゲーミングPC完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

動画編集は静かな環境で! 最高のおすすめ静音PCレビュー

ゲーミングPC Tier1

ハイエンドゲーマー向け おすすめデスクトップゲーミングPC検証

ゲーミングPC評価ブログ

2024年版 AI専用PCおすすめカタログ 効率アップの選択肢

BTOパソコンチョイス

デスクトップ進化論 おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC.jp

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次