ゲーム実況 フルHDから4Kまで対応するおすすめPC

目次

ゲーム実況 PC選びの要点 フルHDから4Kへの道

ゲーム実況 PC選びの要点 フルHDから4Kへの道

ゲーム実況に適した解像度とは?

ゲーム実況に適した解像度を考える際、クリアで鮮明な映像が視聴者にとって楽しむうえでの重要な鍵となります。

解像度が高ければ詳細が精細になり、ゲームの世界をよりリアルかつ魅力的に表現できるためです。

フルHD(1920×1080ピクセル)は、現在のゲーム実況のスタンダードとして広く活用されており、多くの視聴者が快適に視聴できる品質を提供します。

しかし、テクノロジーの進化に伴い、4K(3840×2160ピクセル)解像度が次第に普及しており、より精細な画質でゲームのダイナミックなシーンや細かなテクスチャを伝えられます。

ゲーム実況者が4Kへの移行を考える際には、配信するコンテンツの種類や目指す視聴者層に合わせた選択が重要です。

例えば、高度なグラフィックを活かした最新ゲームを紹介する場合や、グラフィックの美しさが強調される実況を心がけているなら、4Kの採用はプラスに作用するでしょう。

ただし、4K配信には高性能なPCが必要で、高解像度での配信は通信量が多くなるため、視聴者側のインターネット環境も考慮する必要があります。

決定を下す前には、視聴者が最も多く使用しているデバイスの解像度やインターネットの環境についてもリサーチして、最も適切な投資を行うべきです。

また、4Kへ移行する場合、将来的な視聴者の増加やゲームの進化も見据え、長いスパンで考えれば、より先進的な配信が可能になるでしょう。

ゲーム実況において、求められるのはただ高解像度を追求するのではなく、視聴者の体験を第一に考えた最適な解像度の選択です。

PCスペックの理想と現実

ゲーム実況をする際のPC選びでは、単に最新の高性能ハードウェアを選ぶだけでなく、実際の用途や配信の品質に合わせたスペックの選定が重要です。

フルHD解像度でのゲーミングにはそれ相応のスペックが求められますが、4K解像度にステップアップする際はさらに高い性能が必要です。

特に、ゲームの内容が複雑でグラフィックが重要な役割を果たすゲームの場合、グラフィックカードの性能が実況のクオリティに大きく寄与します。

グラフィックカードはゲーム実況を行うPCの心臓部とも言える部品で、画像の描画速度や細部表現の豊かさを決定づけます。

また、CPUの選択も無視できません。

多くのプロセスを同時に処理する必要があるため、複数コアを持つ高速なCPUが欠かせません。

しかし、これらの要素だけではなく、十分なRAM容量や高速なストレージシステムも、ゲーム実況時のパフォーマンス向上に寄与するのです。

そのため、実況者が目指す画質やフレームレートを実現するには、バランスの取れたPC構成が必要になります。

結局、理想のスペックを実現しようとすると高額になりがちですが、予算内で最適なパーツを選び、コストパフォーマンスを考慮した構築が現実的なアプローチです。

ゲーム実況のPC選びは、豊かな表現力とスムーズな配信を実現するための緻密なバランスを追求するミッションなのです。

フレームレートの重要性

フレームレートはゲーム実況において臨場感と快適な視聴体験を生み出すきわめて重要な要素です。

高いフレームレートが保てれば、動きの激しいゲームシーンでも滑らかな映像が得られ、視聴者に快適な視聴体験を提供します。

特に、フルHDから4Kに解像度を上げた際には、より多くのデータを処理しなければならないため、フレームレートの維持は一層の注意を要するポイントとなります。

実況者がストリーミングする際、30fps(フレーム毎秒)は最低限とされていますが、60fps以上を目指すことで、動きのなめらかさが増し、ゲームの緻密なグラフィックスをより鮮明に表現できるようになります。

4K解像度での高フレームレート実況は、それだけで視聴者に高品質なコンテンツであるとの印象を与える効果もあります。

しかしながら、フレームレートを上げることはPCにとって大きな負荷となり、特にGPU(グラフィックス処理ユニット)への要求が高まります。

ゲーム実況用のPC選びでは、この点を念頭に置きつつ、最適なスペック選定が求められます。

CPUやRAMの能力も忘れずに考慮する必要がありますが、4Kゲーム実況を快適に行うためには、GPUの性能が極めて重要であることを理解しておくことが不可欠です。

このようにゲーム実況においてフレームレートは美しい映像とスムーズなプレイの基本であり、4Kでの実況を目指す場合には、特にGPUを中心とした高いスペックが求められるわけです。

選択されるPCがこれらの要求を満たし、視聴者に最高の実況体験を提供できることが何よりも大切なのです。

おすすめゲーミングPC フルHD編

おすすめゲーミングPC フルHD編

エントリーレベルゲーミングPC

ゲーム実況の世界に足を踏み入れたいが、高い予算をかけられない入門者に向けて、エントリーレベルのゲーミングPCはきわめて魅力的な選択肢です。

品質と価格のバランスが要求される中で、一つの基準としてフルHD(1920×1080ピクセル)の解像度で快適にゲームが楽しめる性能が求められます。

エントリーレベルでありながら、安定したフレームレートを保ちつつ、必要に応じてグラフィック設定を調整することで、多くの現代的なゲームタイトルを楽しむことが可能となるPCが理想的です。

厳選されたエントリーレベルゲーミングPCは、選び抜かれた中でもコストパフォーマンスに優れたグラフィックカードを搭載しており、主要なゲーム実況プラットフォームで遅延なく映像を配信する力を持っています。

また、快適なゲーム実況を支える十分な処理速度を持つCPU、高速なSSD、そして十分なメモリ容量を備えることも欠かせません。

さらに、エントリーレベルとはいえ拡張性に富んだデザインが好まれ、将来的なアップグレードも視野に入れられるのが理想的です。

一方で、エントリーレベルのPC選びでは、ケースの冷却性能や電源ユニットの品質など、目立ちにくい部分にも目を向けることが大切です。

ゲーム実況は長時間にわたり高い負荷がかかるため、このような部品の耐久性や性能が安定した配信のために直結します。

エントリーレベルのゲーミングPCが提供する価値は、低予算でありながらゲーム実況の世界に一歩踏み出すための堅実な基盤を築くことにあります。

適切に選ばれたエントリーレベルのPCは、初心者がゲーム実況の経験を積む上での最適なパートナーとなるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

コストパフォーマンス重視の選択肢

ゲーム実況の舞台を飾るPC選びでは、コストパフォーマンスが一大要因となります。

フルHD環境で最適なゲーミングPCを探す際、重要になるのはゲームの快適な実行はもちろん、ストリーミングや録画に必要な処理能力です。

フレームレートが安定し、かつ高画質での配信が可能な機種が理想的であり、この条件を満たしながらも費用を抑えたい場合、中心となるのはグラフィックカードとプロセッサーです。

高品質な映像を繊細に再現できるグラフィックカードは、実況プレイのクオリティを左右します。

NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの中でも、特にコストパフォーマンスに優れたモデルが適しています。

フルHDのゲーム実況をスムーズにこなすためには、最低限のVRAM容量を有していることが必要です。

また、マルチタスク処理能力を重視したプロセッサーの選定も必須です。

ゲームのプレイだけでなく同時に動画のエンコーディングや配信を行うためには、複数コアを搭載したCPUが望ましいです。

インテルCore i5以上、あるいはAMD Ryzen 5以上のプロセッサーが、性能と価格のバランスを取りながら実況に要求されるパワーを提供します。

このようなバランスを考慮して厳選されたゲーミングPCは、エンスージアスト向けの高額なモデルには及ばないかもしれませんが、ゲーム実況での堅実なパフォーマンスを確実に約束してくれます。

実況者が求める安定した運用を実現したい場合には、こうしたコストパフォーマンスに優れたPCがおすすめです。

適切な選択は、無理なく長期にわたるゲーム実況活動を支える確かな一歩となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パワーユーザー驚愕、ミドルハイグレードのエキスパートマシン
フラッグシップCPUとRTX 4070Tiのシンフォニー、鮮烈なパフォーマンス
静かなる風、アンテックの洗練ケースが紡ぐ優雅なサイズ感
マルチタスクも滑らか、最新i7-14700KFの力強いパフォーマンス

【EFFA G04B スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

プレミアムゲーム体験をコミットするモダンバランスクラスのゲーミングPC
圧倒的なグラフィックスと迅速な処理力、均整の取れたハイスペックモデル
静寂を纏ったAntec P10 FLUXの洗練されたデザイン性に注目
Core i7 14700F搭載、力強いマルチタスクと高速性能を実現

【ZEFT Z48DA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48DA

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

力強いパフォーマンス、コンパクトに凝縮。プレミアムゲーミングPCへの入門モデル
バランスの極みを実現、32GBメモリと1TB SSDの速さが光るスペック
スリムで洗猿、省スペースながらもスタイルにこだわったPCケース
最新のRyzen 7パワー、躍動する3Dタスクを前にしても余裕のマシン

【ZEFT R53FC スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

スムーズなゲーミング体験を実現する、アドバンスドなマシン
メモリ64GBで高速なパフォーマンス、均整の取れた注目スペック
北欧デザイン訴求の洗練されたミニマルケース
マルチタスクも滑らか、最新Core i7でパワー全開

【ZEFT Z47AK スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AK

フルHDでの快適なゲーム実況を支える要素

ゲーム実況の世界でフルHDの鮮明な画質を実現するためには、いくつかの重要な要素が組み合わさって成り立っています。

まず、高性能なグラフィックカードがクリスタルクリアな映像を出力するでしょう。

その際、NVIDIAやAMDの最新チップセットを搭載したものを選ぶことが肝心です。

次に、プロセッサもまた重要で、複数のアプリケーションが同時にスムーズに動作するために必要な強力なサポートを提供します。

インテルのCore i7以上やAMD Ryzenシリーズを検討すると良いでしょう。

加えて、十分な量のRAMが快適なゲームプレイと実況を可能にします。

最低でも16GBは用意し、より流れるようなゲーム体験を求めるなら32GBを目指すと良いでしょう。

そして、高速なSSDはゲームやアプリケーションの起動を加速させ、遅延を最小限に抑えるために欠かせません。

さらには、ゲーム実況には強力なインターネット接続も重要で、遅れのないストリーミングを確保するためにも、信頼性の高いネットワーク環境を整えることが望ましいです。

こうした要素が完璧に連携することで、視聴者にとっても満足のいく高解像度のゲーム実況を提供できるのです。

高品質なゲーム体験と実況を実現したいなら、これらの側面に注意を払うことで、より多くのフォロワーと高い評価を得られる可能性がぐっと高まります。

おすすめゲーミングPC 4K編

おすすめゲーミングPC 4K編

ハイエンドモデルの魅力

ハイエンドモデルの魅力とは、まさにゲーム実況の世界で最高のパフォーマンスを発揮することに他なりません。

4K解像度に対応し、細部まで鮮明な画像を映し出す能力を持つこれらのPCは、目を引く映像美と、滑らかなフレームレートを実現します。

プロのゲーマーや熱心な実況者にとって、豊富な入出力端子を備え、将来のアップグレードにも対応する柔軟性が重要となりますが、ハイエンドモデルはこれらの要求に余裕で応える設計を持っています。

また、4Kゲーミングを支えるグラフィックカードや処理能力の高いCPUは、ソフトウェアの高速な実行だけではなく、エンコーディングやエフェクトの追加など、実況に不可欠なタスクを効率よく処理するためにも必須です。

さらに、優れた冷却システムを装備していることで、長時間の使用でも安定したパフォーマンスを維持し、ハイエンドモデルの価値をさらに高めています。

ゲーム実況では、迫力のあるシーンを臨場感たっぷりに伝えることが鍵となりますが、これらのモデルの優れた硬件は、まるで視聴者がゲームの世界に入り込んだかのような体験を提供できることでしょう。

こうした絶え間ない革新と最先端技術の積み重ねが、ハイエンドモデルをただのゲーミングPCとは一線を画し、ゲーム実況で求められる最高水準のパフォーマンスを実現するのです。

4Kゲーム実況をフルサポートするスペック

4Kゲーム実況をフルサポートするためには、強力なグラフィックス処理能力と高速なCPU、十分なメモリ容量、迅速なデータ転送を実現するストレージが必須です。

4K解像度は、フルHDに比べて約4倍の画素数を持っており、その分だけ高い性能が求められます。

ゲーム実況の際には、ゲームのプレイ自体と同時にエンコーディングやストリーミング処理が求められるため、マルチタスク処理が得意なCPU、例えば最新のi7やi9、あるいはRyzen 7やRyzen 9シリーズが推奨されます。

また、グラフィックカードはゲームを美麗な4K画質で快適にプレイするために重要な役割を果たします。

NVIDIAのRTX4080やAMDのRadeon RX 7800 XTといったハイエンドモデルが適しています。

これらは高性能ながらも効率的な電力消費を実現し、長時間のゲーム実況においても安定したパフォーマンスを提供します。

メモリは16GB以上を搭載し、より多くのアプリケーションをスムーズに同時に動かすためには32GBを目安にするとよいでしょう。

ストレージに関しては、高速なSSDを採用することで、ゲームのロード時間の短縮とシステム全体のレスポンスの向上が期待できます。

冷却システムも重要なポイントです。

高負荷が続くゲーム実況ではPCの温度が急激に上昇するため、効率的な冷却機構を持ったPCケースや、リキッドクーラーなどの高性能冷却装置を選ぶことで、乱暴な揺れや騒音のない長時間のプレイが可能となります。

これらの要素を総合的に考慮し、最新の技術基準を満たしているPCは4Kゲーム実況を楽しむにあたって理想的な選択となるでしょう。


コスパ最強クラスの4K対応PC

高解像度で繊細なグラフィックを楽しむゲーム実況には、4K対応のゲーミングPCが欠かせません。

中でもコストパフォーマンスに優れ、実況プレイヤーたちから高い評価を受けているモデルには、多くの要素が詰まっています。

例えば、強力なプロセッサと応答速度の速いビデオカードを搭載したPCは、4Kの膨大なピクセル数に対応するために必須です。

さらに、ストリーミング中のフレームレートの安定に不可欠な大容量のメモリや、ゲームデータの高速読み書きが可能なSSDも重要なスペックの一つ。

熱問題にも対応する冷却システムも、長時間の使用で高温になりがちな4KゲーミングPCにとっては、信頼性を保つために不可欠な要素です。

これらのコンポーネントを備えたゲーミングPCは、4Kでのゲームプレイを滑らかにし、実況視聴者にまるで現地にいるかのような臨場感を提供します。

コスパ最強クラスとされるモデルには、これらの機能に加えて、拡張性に富んだ設計がされており、将来のアップグレードを見越して余裕を持たせている点も見逃せません。

実際に人気のあるゲーミングPCは、こうした機能だけでなく、デザインにおいてもLEDライティングや洗練されたケースデザインで視聴者を引きつけています。

高性能ながら手が届きやすい価格で提供されていることも、多くのゲーム実況者に選ばれる理由の一つです。

4Kの迫力ある映像を余すことなくファンに届けるための相棒として、このようなゲーミングPCはまさに欠かすことができない存在です。

グラフィックスカードの選び方

グラフィックスカードの選び方

ゲーム実況に最適なGPUとは?

ゲーム実況に最適なGPUとは、単に高性能なグラフィックスを描き出す能力だけではなく、安定したフレームレートを維持しながら、充分なエンコード能力を兼ね備えているものです。

実況中に重要なのは、滑らかな映像を視聴者に提供することですが、これはゲームのグラフィック設定や解像度にも左右されます。

フルHDの配信であれば、現行の中堅クラスのグラフィックスカードでも十分に対応可能ですが、より高い解像度である4K配信を目指すなら、より高性能なカードが必要になります。

長時間のゲーム実況は、グラフィックスカードにとっても厳しい試練です。

そのため、オーバーヒートしにくい冷却設計を備えたモデルや、カスタムオーバークロックが可能なモデルも魅力的です。

高品質な映像を長時間配信するためには、その耐久性も重要なファクターと言えるでしょう。

更に、実況にはストリーミングのためのエンコード作業が求められますが、これをグラフィックスカードのハードウェアエンコーダーがサポートしているかどうかもチェックポイントです。

NVIDIAのNVENCやAMDのVCEのような専用のハードウェアエンコーダーを搭載していると、CPUにかかる負荷を減らしながらも高品質なストリーミングが可能となります。

結局のところ、適切なグラフィックスカードの選択は、ゲーム実況者が提供するエンターテインメントの質を左右する重要な要素です。

将来のアップグレードを考慮に入れつつ、自身の実況内容や可能性に見合った最良の選択を心がけることが求められます。

ですから、目先のスペックだけにとらわれず、将来的な視点を持って賢明な判断を下しましょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36564 73983 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30406 73279 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29442 68199 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26447 67380 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23982 55538 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20138 50382 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19441 51029 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18160 45794 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17170 42365 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13603 34543 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13602 34991 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13485 34360 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12597 30322 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10941 31679 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10768 28528 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10759 27448 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7414 19583 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6338 16011 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

プロ並みのパフォーマンスを家庭にもたらす、エキスパート向けのゲーミングPC
至高のバランスで最先端ゲームを極める、快適な32GB DDR5メモリと迫力のグラフィックス
すべてがクリアに見えるミドルタワーケース、美しさも機能性も抜群のデザインマシン
最新のコアで速さを極める、Ryzen 9のパワーを搭載したPC

【ZEFT R46J スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

エクセプショナルなパフォーマンスを追求した、幅広い用途に適応するエリートゲーミングPC
RTX 4070 Superが織りなす映像美、Core i9の驚異的な速度。均整の取れた高スペック体験
静謐な戦場を実現するAntec P10 FLUX、静かながらも威風堂々たるプレゼンス
タスクを圧倒するCore i9-14900F、プロセッサの真骨頂を引き出す

【ZEFT Z48H スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48H

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

力強いパフォーマンスと信頼性を兼ね備えた、ゲーミングPCの新定番モデル
2023年発売、最新技術を凝縮したパーツで絶妙なバランスを実現した、注目のスペック
見た目も機能も兼ね備えた、クリアパネル搭載のNZXT H5 Flowケースが魅せる洗練デザイン
AMD Ryzen™ 7 7700、最新CPUであらゆるタスクを高速処理

【ZEFT R52C スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR
【ZEFT Z47BR スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

パワーとスタイルを兼ね備えた、真のゲーマーのためのミドルハイクラスゲーミングPC
最新ゲームも驚異の速度で快適プレイ!32GB DDR5と2TB NVMe SSDの黄金バランス
クリアパネルから覗くRGBの輝き、Corsairのエアフロー設計の美しさが際立つ
多彩なタスクを軽々処理、Core i9-14900KF搭載でパフォーマンスの新境地へ

【ZEFT Z45DBFJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBFJ

フルHD・4Kに対応するGPUの違い

ゲーム実況を行う際、フルHDと4Kでは必要とされるグラフィックスカードの性能が異なります。

フルHDの解像度ならば、多くの現行のミドルレンジグラフィックスカードで快適なゲーミング体験が可能です。

一方で、4Kの映像を滑らかに出力し続けるためには、さらに高性能なグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)が要求されます。

4K解像度に対応するためには、それぞれのフレームに表示されるピクセル数が著しく増加します。

具体的にはフルHD(1920×1080)と比較して、4K(3840×2160)ではピクセル数が約4倍にもなります。

このため、高精細な画質を維持しつつ、ゲーム内の動きをスムーズに表示するためには、膨大なデータを迅速に処理できるGPUが必須となります。

高解像度に対応するGPUは、大量のテクスチャ情報やシェーダー処理を迅速に行う能力も備えている必要があります。

これはゲーム画面内の細部まで精密に描写し、よりリアルな映像を提供するためです。

4Kの実況を目指すなら、最新のゲームタイトルでも耐えうる、高いメモリ帯域幅と強力なコアプロセッサを擁するグラフィックスカードへの投資が避けられません。

フルHDと4K解像度との間には、このようにグラフィックスカードに求められる性能の大きな飛躍が存在します。

ゲーム実況の目的に合わせて、適切なグラフィックスカードを選択することが、視聴者への没入感あるストリーミングを提供する秘訣です。

美しい映像で視聴者を引きつけ、快適な実況を実現するためのハードウェア選びは、実況者としての技術を高める上で欠かせないポイントと言えるでしょう。

CPUの役割と選び方

CPUの役割と選び方

ゲーム実況の品質を左右するCPU性能

ゲーム実況で重要なのは、画面上で起きている細かな動きを逃さずに、高品質な映像で視聴者に届けることです。

このためには、CPUの性能が非常に重要な役割を担っています。

ゲーム実況では、ゲームプレイを処理しつつ同時にエンコーディングの作業を行う必要があるため、CPUには複数のコアが求められます。

特に、フルHDにおいては最低でも8コアは欲しいところですが、4K映像での配信を考えれば、12コア以上を目安にすることを推奨します。

さらに、クロックスピードも実況のクオリティに影響を与えます。

スピードが速いほど、データの処理が迅速になり、エンコーディングにかかる時間を短縮できます。

その結果、滑らかで途切れのない映像を実現しやすくなります。

しかし、クロックスピードの高さだけで選ぶのではなく、発熱とのバランスも考慮する必要があります。

高性能CPUは発熱が激しいケースも少なくありませんので、適切な冷却システムも計画に入れるべきです。

結局のところ、ゲーム実況においては複数のタスクを同時にこなす環境を整えることが大切です。

その中核を成すCPUは、複数コアかつ高クロックスピードを兼ね備えたものを選ぶことによって、滑らかで高解像度の実況動画を配信する基盤となります。

エンコーディング能力に優れ、かつ長時間の使用にも耐えうる堅牢性を備えたCPUを選択すれば、視聴者は継続的に高品質な実況を楽しむことができるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41644 2413 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 39031 2075 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38955 2046 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29590 2037 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29185 1967 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27346 2042 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22329 1947 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20596 2013 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19729 1935 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17934 1813 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15463 1979 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格

マルチタスキングに対応するCPUの選定

ゲーム実況を行う際には、CPUの選択が非常に重要です。

特にマルチタスキングの性能はゲームプレイと同時に配信ソフトを使用し、視聴者とのコミュニケーションを進行する上で中心的な役割を果たします。

ゲーム実況では、複雑なゲームの処理を滑らかにこなしながら、配信画面にエフェクトやコメントを追加するなど、さまざまなタスクを同時に処理する必要があります。

そのため、マルチスレッド処理能力に優れ、高いクロック数を誇るCPUを選定することが望ましいです。

例えば、現在のゲーム実況環境においては、最低でも8コア16スレッド以上のCPUが推奨されることが一般的ですが、より高快適な実況を実現するためには、8コア16スレッド以上、あるいはそれ以上の性能を持つCPUが適しています。

高性能なCPUによって、フルHDから4Kといった高解像度でのゲームプレイや画面録画を行っても、パフォーマンスの低下を最小限に抑えられます。

また、CPUの選定にあたっては、将来的なアップグレードや拡張性も考慮する必要があります。

ゲーム実況の需要が拡大していくにつれ、より高度な配信技術やソフトウェアの開発が進んでおり、現在の基準を超える可能性も十分に考えられるからです。

そのため、現在の要求だけでなく、将来を見据えたスペックを持つCPUを選ぶことが賢明と言えるでしょう。

最終的に、ゲーム実況においては、リアルタイムでのレスポンスとスムーズな配信が求められるため、ゲームと実況を快適に行える十分な処理能力を備えたCPUを選ぶことが肝心です。

選び方のノウハウは配信の品質を左右するだけでなく、視聴者に提供するエンターテイメント体験にも直結します。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKJ
【ZEFT Z47AKJ スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B
【ZEFT Z51B スペック】
CPUIntel Core i9 14900KS 24コア/32スレッド 5.60GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45C

多彩なゲーム世界を鮮やかに描く、ハイスタンダードのゲーミングPC
強力なi5 CPUとRTXグラフィックで、究極のゲーム体験をバランス良く提供
徹底的な静音設計のCoolerMasterケースがもたらす、優雅なデスクトップライフ
最新のi5-14600KFプロセッサ搭載で、タスクも速攻で処理

【ZEFT Z45C スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

アドバンスドセグメントの心臓で日々の戦いも余裕のゲーミングPC
進取のバランス、フルパワー32GBメモリ×RTX™ 4070の快速マシン
コンパクトなのに大胆、透明サイドパネルで内部がキラリモデル
ターボ動力の新世代Core™i3-14100、快適動作の心臓部

【ZEFT Z45DBW スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IA
【ZEFT Z45IA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45IA

メモリとストレージの重要性

メモリとストレージの重要性

十分なメモリ容量の確保

ゲーム実況を快適に行う上では、十分なメモリ容量の確保が不可欠です。

ゲームの応答速度やマルチタスキングの効率性、さらには放送品質そのものに大きな影響を及ぼします。

フルHDあるいは4Kでのストリーミングは膨大なデータを扱うため、ゲームプレイと同時に配信するプロセスでは特に、メモリの重要性が際立ちます。

現代のゲーム実況においては、少なくとも16GBのRAMを目安と考えるのが妥当です。

しかし、より高解像度での実況や複数のアプリケーションを同時に使う場合には、32GBへの投資も見据えるべきです。

そうすることで、実況中におけるシステムの処理速度が格段に向上し、視聴者に対してよりなめらかで高品質な映像を提供できるようになります。

さらに、オペレーティングシステムや実況ソフトウェアが利用するディスクキャッシュへのアクセス速度も、迅速なメモリから恩恵を受けます。

これにより、データの読み込みや書き込みが速くなり、結果として実況配信中の遅延を防ぐことが可能です。

しかも、余裕のあるメモリ容量は、将来的にゲームやソフトウェアが要求するスペックが上がった際にも、ハードウェアのアップグレード周期を延ばすことに寄与するでしょう。

メモリはゲーミングPCの中核とも言えるコンポーネントであり、実況専用PCを選ぶ際には、この点を大きく重視すべきです。

端的に言えば、メモリはゲーム実況のパフォーマンスを制限するボトルネックとなり得る部分であり、適切な容量を確保することでそのリスクを減少させることができます。

ゲームの読み込み速度を左右するストレージ

ゲームの読み込み速度を左右するストレージは、実況プレイのクオリティに直結する要素です。

ストレージと一言で言っても、現在は様々な種類のものが市場に出回っており、各々にメリットや特性があります。

まずゲーム実況におけるストレージの役割に触れると、ゲームの読み込み時間短縮は視聴者の快適な視聴経験に不可欠です。

長いローディング時間は視聴者を待たせてしまい、ストリームのテンポを低下させる原因にもなります。

そこで注目されるのがSSD(ソリッドステートドライブ)です。

SSDは従来のHDD(ハードディスクドライブ)に比べて読み込み速度が速く、ゲーム中のロード時間を大幅に削減できます。

特に最近のNVMe(Non-Volatile Memory Express)インターフェースを搭載したSSDは、さらに高速で、フルHDや4Kの高画質ゲームをスムーズにプレイするのに適しています。

しかしストレージは速度だけではありません。

ゲームファイルのサイズが大きくなる傾向にある現代では、大容量のストレージも必要です。

多くのゲームをインストールしておくためには、1TB以上の容量が望まれます。

いくつかのゲームを同時に極めたい実況者にとって、容量の多いSSDまたはコストパフォーマンスに優れたHDDとSSDの組み合わせが理想と言えるでしょう。

快適なゲーム実況というのは、ただ単にプレイするだけではなく、視聴者にとっても滑らかな体験を提供することです。

そのためにストレージ選びは非常に重要なプロセスであり、適切な選択がなされるべきです。

フルHDから4Kまで対応するおすすめPCを組み立てる際には、これらのポイントを念頭に置いたストレージ選びが求められています。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格


冷却システムの選び方

冷却システムの選び方

持続可能なパフォーマンスを保つ冷却効果

ゲーム実況者が目指すべきは、中断のないスムーズな配信です。

長時間の運用においても、パソコンの冷却システムはそのパフォーマンスの維持に不可欠です。

特に高解像度であるフルHDや4Kコンテンツを扱う際には、グラフィックカードなどのコンポーネントが生み出す熱が相応に大きくなります。

適切な冷却システムがあれば、これらの部品は定格の性能を長時間保つことができ、よって、滑らかで質の高いゲーム実況を配信し続けることが可能になります。

良質な冷却システムは高性能なファンやヒートシンクはもちろん、最近ではより効果的な液冷システムが選ばれることもあります。

例えば、液冷システムではポンプが液体を循環させ、発生した熱を効率的に外部へ逃がします。

さらに、静音性を求めるユーザーには低回転ながらも冷却効果が高いファンが好まれることでしょう。

そして、冷却効果は単にハードウェアにとどまらず、ソフトウェアの面からも最適化されるべきです。

例えば、オーバークロッキングの際には専用の制御ソフトウェアを利用して、熱とパフォーマンスのバランスを取ることが求められます。

最終的に、適切な冷却システムの選定と運用は、ゲーム実況の配信品質を大きく左右し、視聴者にとって快適な体験を提供します。

配信者はその技術を理解し、最適な環境構築に励むことが成功への鍵だといえるでしょう。

エアクーリングとウォータークーリングの比較

ゲーム実況を思いのまま楽しむためには、PCの冷却システムがキーとなります。

特に昨今の高性能プロセッサやグラフィックスカードを駆使する際、エアクーリングとウォータークーリングのどちらを選ぶかは重要な判断点です。

エアクーリングはファンを利用して熱を排出するシンプルかつ効率的な方法です。

装置が堅牢で、故障時のリスクも低く、初心者にとって取り扱いやすい選択肢となります。

反面、ウォータークーリングは液体冷却剤を用いて熱を効果的に分散させるため、高負荷時でも安定した冷却性能を提供します。

これにより、長時間のゲーム実況でもPCのパフォーマンスを最適な状態に保つことができるでしょう。

それでもその複雑な構造から、メンテナンスや初期設定では手間がかかる場合がある点は留意が必要です。

エアクーリングはコストと簡便性、ウォータークーリングは優れた冷却力と安定性といえますが、最終的な選択はゲーム実況の内容や使用される機材、さらには個人の好みや経験に左右されることでしょう。

それぞれの特徴を理解し、自身のPC環境に最適な冷却システムを見極めることが、快適なゲーム実況体験への一歩となるのです。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーム実況用PC組み立てのポイント

ゲーム実況用PC組み立てのポイント

自作と既製品のメリット・デメリット

ゲーム実況には高いパフォーマンスが要求されるため、そのためのPCを選ぶ際は自作と既製品、それぞれのメリット・デメリットを理解することが重要です。

自作PCの場合、まず思い浮かぶのがカスタマイズの自由度の高さです。

自分のニーズに合わせて部品を選び、予算内で最大限の性能を引き出すことができます。

また、後からのアップグレードも容易ですし、故障時には自力での修理や交換が可能で、長期的にみて愛着を持って使用することができるでしょう。

一方で、自作PCにはそれなりの知識が必要です。

特にゲーム実況を行う場合は、高性能なグラフィックカードやCPU、十分なメモリ容量、速度の応えられるストレージなど、選び方に誤りがあると満足いくパフォーマンスが得られないこともあり得ます。

作業の難易度も初心者には高く感じるかもしれません。

既製品PCを選ぶ場合のメリットは、なんといっても安心感と利便性にあります。

専門の知識がない方でも、メーカーが最適な構成を予め組み立てているため、すぐにゲーム実況を始めることができます。

保証がついている点も不安を和らげる要素です。

ただし、個々のニーズに細かく対応することは難しく、また後からのアップグレードや修理が自作PCほど柔軟にはできない場合があります。

ゲーム実況用PCを選ぶにあたり、自分のスキルやニーズをよく考慮し、自作か既製品かを選ぶことが、快適な実況ライフを送るカギとなるでしょう。

組み立て時の重要チェックポイント

ゲーム実況用PCを組み立てる際には、いくつかの重要チェックポイントがあります。

まず考えるべきはプロセッサの性能です。

快適なゲームプレイと同時に高画質な配信を行うためには、CPUは複数のコアを有しており、なおかつ高周波で動作するモデルを選ぶ必要があります。

また、グラフィックカードに関しては、最新ゲームのフルHDはもちろん4K解像度でも快適にプレイできるだけの力を持ったものが求められます。

高品質な映像を実況しながら配信するためには、十分なVRAMを備えた高性能なグラフィックカードを選ぶことが重要です。

メモリも見逃せないポイントです。

ゲーム実況では、ソフトやOSだけでなく配信ソフトも同時に動作するため、余裕を持ったメモリ容量が必要になります。

最低限として16GBは用意し、より安定したパフォーマンスを望むなら32GBを目安にすると良いでしょう。

ストレージの選択も大切です。

遅いロード時間は視聴者の満足度を下げかねませんので、システム用には速度の速いSSDを、大量のゲームデータや録画データの保存用には容量の大きいHDDあるいはSSDを備えると効率的です。

冷却システムはPCの安定稼働には欠かせません。

特に高負荷がかかり続けるゲーム実況用PCでは、適切な冷却がパフォーマンスの維持に不可欠です。

静かで効率的なクーラーの選択や、ケース内のエアフローを最適化することで、長時間の使用でもPCが適正温度を保ち続けることができます。

これらのポイントをしっかりと押さえつつ、ゲーム実況に特化したPCを組み立てることで、快適かつ高品質な配信が可能となるでしょう。

高性能なPCを組み立てることで、配信のクオリティは格段に上がり、視聴者の満足度を高めることにも繋がります。

是非これらのチェックポイントを活用し、理想のゲーム実況環境を構築してください。

ゲーム実況に最適な周辺機器

ゲーム実況に最適な周辺機器

高品質な録画・配信を支えるアクセサリー

ゲーム実況で高品質な録画や配信を支えるアクセサリーは、その名の通り、実況プレイのクオリティを格段に向上させる重要な役割を担っています。

まず考えたいのは、鮮明な映像を捉えるためのキャプチャーボードです。

より高解像度のゲームを滑らかに録画するためには、フルHDや4Kをサポートする高性能モデルを選択する必要があります。

音声についても同様で、ゲーム内の環境音や自分の声がクリアに聞こえるように、ノイズキャンセリング機能を持つマイクが理想的です。

さらに、快適なゲームプレイを持続するためには、手に馴染むマウスやタイピングしやすいキーボードを選ぶことが重要です。

このような周辺機器は、長時間の実況配信でも疲れ知らずで、ゲームに集中できる環境を作り出します。

照明にも気を配りましょう。

顔がハッキリと認識できるような照明機器はビジュアルの質を高め、視聴者にとっての親近感を増すためにも役立ちます。

また、配信画面をカスタマイズするソフトウェアにも注目が集まっており、インターフェイスの視認性を高めることで、視聴者の体験も向上します。

こうしたアクセサリーを適切に選び、組み合わせることで、ゲーム実況は格別なものに変わります。

それぞれのアクセサリーが持つ特徴を生かし、配信の質を高めることが、多くの視聴者を惹きつける鍵となるでしょう。

ゲーム実況を趣味で楽しむ方からプロを目指す方まで、これらのアクセサリーは確実に強い味方となります。

快適ゲームプレイのための入力デバイス

快適なゲームプレイを実現するには、パフォーマンスの高いPCはもちろん、それを支える入力デバイスの重要性も見過ごせません。

特にゲーム実況においては、数時間に及ぶ長時間の使用が予想されるため、耐久性だけでなく、使い心地も優れた製品を選ぶことが不可欠です。

キーボードでは打鍵感が軽く、迅速な反応速度を持つメカニカルタイプが好まれます。

耐久性に優れたチェリーMXスイッチは長時間の使用に耐えうるだけではなく、フルNキーロールオーバーに対応しているため、複数キーを同時に押しても正確に入力を拾います。

マウスの選択においても、ゲームジャンルに応じた最適なものを見極める必要があります。

高感度、低遅延が求められるFPSやアクションゲームでは、精密な操作が可能でカスタマイズ性の高いゲーミングマウスが適しています。

一方で、モバとして多くの時間をマウス操作で過ごすRTSやMMOには、多数のプログラム可能なボタンを搭載したマウスが役立ち、実況時のコマンド入力をより効率的に行えるでしょう。

さらに、ゲーム実況では、緻密な操作が要求されるため、手の疲れを軽減するエルゴノミックデザインや自分の手にフィットする形状が重要です。

使い勝手を左右するマウスパッドの選び方も見落とせません。

滑りの良い素材や適切なサイズが、長時間のプレイでも一貫した操作感を維持する手助けとなります。

視聴者に向けてハイレベルな游?映城を提供するには、細部までこだわり抜いた入力デバイスの選択がゲーム実況者にとって欠かせない要素であることは間違いありません。

あわせて読みたい

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

スペックからデザインまで! ゲーミングPC選び方完全マニュアル

BTOパソコンチョイス

ゲームプレイを変える! 快適ゲーミングPC構築マニュアル

ゲーミングPC.jp

プレミアムゲーマー向け! デスクトップで選ぶおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCフリーク

静音パソコン最強ガイド おすすめの選び方

ゲーミングPC Tier1

ゲームのためのスペックを追求 PC愛好家のための選定指南

ゲーミングPC評価ブログ

パソコン購入戦略 プログラム開発におすすめの最強スペック解析

ゲーミングPC Tier1

フルカスタムで作る僕だけのPC – BTOパソコン選びのコツ

BTOパソコンチョイス

静寂専門家が推薦! おすすめ静音PCと最新テクノロジー

ゲーミングPC.jp

ゲームマスターへの道 最適なゲーミングデスクトップPCを見極める

ゲーミングPCフリーク

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方の極意 究極のゲームライフを手に入れろ!

ゲーミングPC評価ブログ

AI画像生成に最適! 厳選おすすめPCガイド

ゲーミングPC Tier1

配信品質にこだわるツイキャスユーザー向け! おすすめPCの全知識

BTOパソコンチョイス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次