ストリーマー向けPCゲームマシン 最適スペックで選ぶ生放送対応PC

目次

ストリーマー必見! ゲーム配信を最適化するPCセットアップガイド

ストリーマー必見! ゲーム配信を最適化するPCセットアップガイド

最適なグラフィックスカードの選び方

ストリーマーにとって、視聴者を魅了する生放送を行うためには、グラフィックスカードの選択が重要となります。

視聴者に没入感のあるゲーム体験を提供するには、ゲーム内での美しいビジュアルと高いフレームレートの維持が必要不可欠です。

例えば、高解像度のゲーム放送を望むなら、4K解像度に対応したグラフィックス性能を持つカードが求められます。

また、RTX系列など、リアルタイムレイトレーシングに対応したモデルを選べば、よりリアルな光の表現が可能となり、視聴者の目を釘付けにすることでしょう。

放送中にゲームがスムーズに動作することは、快適な視聴体験を提供する上で欠かせないため、十分なVRAMを有するカードが推奨されます。

マルチタスク処理が頻繁に発生する配信環境では3Dグラフィック処理だけでなく、エンコーディング作業もGPUに求められることが多く、エンコード支援機能を備えたカードはストリーマーにとって大きな利点です。

ですから、NVIDIAかAMDの最新カードを選ぶ際には、これらの機能をきちんと確認することが望ましいです。

最後に、グラフィックスカードの選択では、将来のゲームの進化にも耐えうるよう、アップグレード性を見越した余裕を持たせることも肝心です。

せっかくの生放送が技術的な制約で魅力を損なわないようにするため、これらのポイントを踏まえた上で賢い選択を行うことが、最適な配信体験を実現する鍵となるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36564 73983 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30406 73279 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29442 68199 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26447 67380 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23982 55538 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20138 50382 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19441 51029 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18160 45794 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17170 42365 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13603 34543 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13602 34991 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13485 34360 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12597 30322 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10941 31679 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10768 28528 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10759 27448 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7414 19583 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6338 16011 130W 公式 価格

ストリーミングに最適なCPUのスペック解説

ゲームプレイと同時に高品質のストリーミングを行うには、強力なプロセッシング能力を有するCPUが不可欠です。

特に重要なのが、多数のスレッドを同時に処理できるマルチコアが備わったユニットで、これにより生放送中のエンコード作業とゲームプレイがスムーズに行われます。

配信では安定性が求められるため、CPUのクロック速度は基本となるGHz数が高いものを選び、ターボブースト機能でピーク時の処理性能を保つことが望ましいです。

さらに、ストリーマーにとって快適な操作と視聴者にクリアな映像を提供するためには、ソフトウェアとの互換性も考慮するべきです。

例えば、OBS Studioのような配信ソフトウェアはCPUにかかる負荷を効率的に分散させる性能があり、それに耐えうるCPUの選定が重要になります。

そのうえ、配信にはプロセッサの温度管理も欠かせません。

適切な冷却システムが組み込まれたマシンを選ぶことで、長時間のストリーミングにも耐えうる環境を実現できるのです。

こうした観点からCPU選びをすることで、ストリーマーは配信中のハプニングを最小限に抑え、なめらかでクオリティの高い放送を継続することができます。

結果として、視聴者はより高いエンターテインメント体験を享受することが可能となり、ストリーマーとしての評価を高める一助となることでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41644 2413 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41592 2354 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 39031 2075 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38955 2046 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35917 2231 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34148 2205 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32908 2099 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29590 2037 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29185 1967 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27346 2042 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24922 2100 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22329 1947 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20596 2013 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19729 1935 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17934 1813 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16229 1775 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15463 1979 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9179 1744 公式 価格

必要なメモリ容量と速度

ゲームストリーマーが生放送でスムーズに視聴者を魅了するためには、PC内のメモリの容量と速度が不可欠な要素です。

ライブ配信中のPCゲームでは、グラフィックスの高精細な描写や複数のアプリケーションの同時稼働が求められるため、通常のゲーミング以上に多くのメモリ容量が必要となります。

理想を言えば、最低16GBのRAMを搭載しておくことをお勧めしますが、より高度な配信を目指すなら32GB以上を目指すことで、余裕をもってパフォーマンスを発揮できるでしょう。

さて、メモリの速度にも注目してみましょう。

メモリ速度が速いほど、データの読み書きが迅速に行われ、ゲームのロード時間の短縮や配信ソフトウェアの反応速度向上に寄与します。

特に、DDR4メモリの場合は2400MHz以上の速度があれば良いでしょうが、最適化された体験を求めるならば3000MHz以上を選ぶと差が出ます。

今日のゲームは進化し続けており、スピーディーなメモリはゲームの激しいシーケンスや大規模なマップを扱う上で差が明確になります。

高品質なストリーミングを行うPCでは、メモリ容量だけでなく、その速さもストリーマーのパフォーマンスを左右する重要な要素です。

配信中に起こりうるあらゆるシナリオを乗り越えるためにも、メモリに投資を惜しまず、最適なスペックを追求することが、ストリーマーとしてのクオリティを高める上で決定的に重要となります。

ゲーム配信に適したストレージ選択肢

ストリームの流れるような滑らかさと同じく、PC内のデータフローもまた重要な役目を果たします。

ゲーム配信において、ストレージの選択は、ただの保存場所以上の意味を持ちます。

速度と信頼性のバランスがキーとなり、SSDはその両方を提供します。

高速な読み書き速度はゲームのロード時間を短縮し、ビュワーに待ち時間を感じさせません。

また、ソフトウェアとの併用で、配信中のスムーズな映像切り替えや高解像度のストリーミングを実現します。

ゲーム配信に適したストレージでは、NVMe SSDが一段と輝きます。

その驚異的なスピードはSATA SSDと比較しても天と地ほどの差があり、大容量データのやり取りが日常となるストリーマーにとっては、まさに必携のアイテムです。

更に、長時間作業にも耐える耐久性を備え、予期せぬトラブルから大事なコンテンツを守ってくれます。

ただし、高価なものほど良いわけではありません。

容量とコストを考え、自身の配信計画に合わせた適切な選択をすることが肝心です。

ストレージはデータの居住地とも呼べる場所です。

ゲーム配信で成功を収めたいなら、スムーズな住み心地の良い場所を提供することで、コンテンツの質もそれに応じて向上することでしょう。

しっかりとしたストレージ選びにより、配信者としての信頼性をビュワーに示し、さらなる飛躍に繋がる道が開けます。

常に先を見据えた選択が、ストリーマーとしての未来を切り拓くのです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

PCゲームで重要なリフレッシュレートとフレームレートの関係

PCゲームで重要なリフレッシュレートとフレームレートの関係

液晶モニター選びで考慮すべきポイント

液晶モニター選びはストリーマーがPCゲームで存分に力を発揮するためには決して軽視できない要素です。

特にリフレッシュレートとフレームレートは息をするように自然に同期しなければ、画面に映し出される世界は魅力を半減させてしまいます。

リフレッシュレートとはモニターが一秒間に何回画面を更新するかを示し、これが高ければ高いほど滑らかな動きを実現できますが、フレームレートが追いつかなければ意味がありません。

フレームレートとは、PCが一秒間に何フレームの画像を生成できるかを指し、ゲーム体験の質を決定づける重要な要素です。

両者が調和すれば、やはり魅力的な映像が生まれ、視聴者を惹きつける生放送が可能となります。

したがって、液晶モニターを選ぶ際には、最低でも120Hz以上のリフレッシュレートに加えて、ゲームの種類に応じた適切なフレームレートを維持できる性能を備えたものを選ぶべきです。

さらに、応答速度も重要で、特にアクションが激しいゲームをプレイする場合には1ms等の低遅延のモニターが望まれます。

これらのポイントを踏まえてモニターを選べば、視聴者にとってもプレイヤーにとっても最高の体験を提供することが可能です。

妥協のない液晶モニター選びは、より多くのファンを魅了し、ストリーマーとしてのブランドを確立する第一歩になるでしょう。

144Hz以上のモニターがもたらす利点

ストリーマーとして生放送中に最高のパフォーマンスを発揮するには、144Hz以上の高リフレッシュレートモニターの選択が欠かせません。

144Hz以上のモニターは、一秒間に144回以上更新できるため、滑らかで快適な視覚体験を提供します。

これは特に、競技性の高いゲームや高速で動くオブジェクトが画面を頻繁に横切る場面で、その真価を発揮します。

より多くのフレームを確実にキャッチできるので、ゲーム内での反応時間が改善され、瞬時に正確な操作を行う必要がある際に優位性が生まれます。

さらに、ストリーマーであれば視聴者への配慮も重要です。

高リフレッシュレートのモニターは、視聴者にもなめらかな映像を提供し、より魅力的な視聴体験を届けることができます。

これにより、視聴者はゲームプレイの細かなディテールまで目にすることができ、彼らを画面に釘付けにすることが可能になります。

ゲームの鮮明な動きは視聴者の満足度を高め、チャンネルの忠誠心を育成することにもつながります。

他方で、高リフレッシュレートが実際に体感できるよう、十分なフレームレートの出力がグラフィックカードから求められます。

ですから、ハードウェアの構成にも注意を払い、モニターのリフレッシュレートに見合ったパフォーマンスを提供できるグラフィックカードの選定が不可欠です。

このバランスを適切に整えることが、ストリーマー向けPCゲームマシンの最適なスペック選びにとって、絶対に欠かせない要素と言えるでしょう。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GLW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GLW

アドバンストスタンダードレベル、ハイエンドの熱狂を体感するゲーミングPC
快速32GBメモリ、高速1TB SSD搭載、均整のとれたパワーエクスプローラー
モダンなFractal Pop XL案内光輝く透明な窓から中の美を体感
スムーズなゲームプレイ、多任務動作を可能にするCore i5 14400Fの力

【ZEFT Z47GLW スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GLW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47SWH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47SWH

ハイスタンダードセグメントをリードする、クリエイティブからゲーミングまで対応のマルチタレントゲーミングPC!
RTX 4060Tiの鮮烈なグラフィックス、i5パワーで未来の戦場もスムーズなプレイをバランス良く実現
ホワイトボディに映える透明パネル、ミドルタワーから放たれる光が部屋を彩るモダンケース
新世代Core i5 14400F、その力でスムーズなマルチタスクと高速な処理速度を体感せよ

【ZEFT Z47SWH スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47SWH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

ゲーム制覇も夢じゃない、ハイスペッククラスの新時代ゲーミングPC!
32GB DDR5 & 2TB NVMe SSD、均整の取れたスペックで快適プレイ!
Corsairの風通し抜群ケース、美しく冷えるゲーマー向けデザイン
i9最新鋭、脅威の演算力でゲームも作業もハイスピードエクスペリエンス

【ZEFT Z45QS スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45QS

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

ハイスタンダードなゲーミング体験をコミットする、バランスも抜群のこのモデル
RTX 4060Ti搭載、快速32GB DDR5メモリで極限まで引き出すスペックの絶妙なハーモニー
スペースを彩る、スタイリッシュなコンパクトケースでデスクトップをモダンに
Ryzen 5 7600搭載、高速かつ効率的なプロセッシングでラグをゼロに

【ZEFT R52F-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52F-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

処理速度と映像美の融合を実現した、高性能ゲーミングPC
RTX 4060Ti搭載、バランス良く高性能なスペックが魅力
明るく輝くインテリアも映える、エアフロー設計のCorsair 4000D筐体
タスクを速攻処理、Core i7 14700KFが心強い味方

【ZEFT Z45DAU スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAU

生放送対応PCの冷却システムと静音性

生放送対応PCの冷却システムと静音性

エアクーリングとリキッドクーリングの比較

ストリーマーが生放送で最高のパフォーマンスを発揮するためには、PCゲームマシンの冷却システムがキーポイントです。

特に、CPUやGPUなどの熱を効率よく放散することで、システムの安定性が高まり、長時間のプレイや生放送でもトラブルを避けられます。

ここで大きな役割を果たすのがエアクーリングとリキッドクーリングの二つの冷却方法です。

エアクーリングは、ヒートシンクとファンを使用して熱を排出するシンプルかつ信頼性の高い方式です。

放熱性能に優れたヒートシンクが熱を吸収し、ファンがその熱を空気で外に押し出します。

この方式の魅力は、比較的安価であり、メンテナンスが容易という点にあります。

また、ファンの回転速度を管理することで、ある程度の静音性を確保することも可能です。

一方、リキッドクーリングは液体を利用して高い放熱効果を得る高性能な冷却方法です。

冷却液が熱を吸収し、ラジエーターで熱交換を行いながら冷却液を冷やし直すことで、熱を効率良く処理します。

この方式はエアクーリングに比べてファンの回転数を減らせるため、より静かな動作が実現しやすいです。

また、高い冷却性能を発揮するため、オーバークロックなどの高負荷状態でも安心です。

どちらの方式も一長一短がありますが、ストリーマーの用途に応じて選択することが重要です。

生放送では静かな環境が必要ですから、リキッドクーリングの静音性が非常に魅力的です。

しかし、エアクーリングの手軽さも無視できません。

生放送対応PCを選ぶ際には、これらの冷却システムをしっかりと理解し、最適な選択をすることがストリーマーにとっての成功への鍵と言えるでしょう。

静音ケースとファンの選定基準

ストリーマーが追求すべきPCゲーム機の特徴として、冷却システムと静音性は欠かせません。

長時間のプレイと生放送中に高いパフォーマンスを維持するためには、効果的な冷却が必須です。

一方で、放送の品質を損ねないように、静かな運用も重視されます。

そのため、静音ケースとファンの選定は、配信者の体験と視聴者の満足度に大きく寄与する要素となり得ます。

静音ケースを選ぶ際には、厚手の素材や防音材を備えたモデルが理想的です。

これらは、内部の騒音を効率的に抑え込むことができ、結果としてマシンの静かな運用を実現します。

ファンに関しては、大きな羽根を持つモデルや低回転でも高い冷却効果を発揮する設計のものが好ましいです。

冷却能力を犠牲にすることなく、騒音レベルを大幅に削減できるためです。

加えて、静音性を追求するにあたってはファンコントローラーの利用も有効です。

状況に応じてファンの回転数を調整することができれば、冷却と静音性のバランスを最適化することが可能になります。

ストリーマーとしての生放送環境を考える際には、これらのポイントを踏まえて静音ケースとファンの選定に臨むことが、視聴者に快適な配信内容を提供する上で不可欠であり、最適なPCゲームマシンの構築に繋がるのです。


PCゲーム配信での安定したネットワーク環境

PCゲーム配信での安定したネットワーク環境

有線LANと無線LANのメリットとデメリット

PCゲームのストリーミングにおいて、一滴の延滞も許されない緊張感の中で、有線LANと無線LANはそれぞれ独自の価値を放ちます。

有線LANの大きな魅力といえば、その信頼性の高さです。

直接ルーターにケーブル接続することにより、速度が安定し、ゲーム中の接続切断や遅延といった問題が極めて少なくなります。

また、有線接続は安全性も高く、不正アクセスのリスクを低減させる点も見逃せません。

一方で、ケーブルを引く手間がかかるため、セットアップには忍耐が必要です。

加えて、配線が部屋に溢れる問題も考えられます。

無線LANは、その自由度の高さで魅力を放ちます。

ケーブルを気にせず、ルーターが届く範囲内であれば、どこにでもPCを持ち運べることがストリーマーにとって大きな利点となるでしょう。

さらに最近のWi-Fi規格ではある程度の速度と安定性も確保されつつあることは心強いですが、それでも有線接続と比較すると、干渉や距離による速度低下のリスクは完全には払拭できません。

以上のことから、生放送中の予期せぬトラブルをできるだけ避けたい場合は、有線LANに軍配が上がるかもしれませんが、ストリーマーのスタイルに合わせて無線LANの利便性を活かす選択もまた賢明な判断と言えるでしょう。

スムーズな配信を行い、視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、環境に合ったネットワーク選択が必須です。

それぞれのメリットとデメリットを理解し、配信活動に最適な環境を整えることが、成功への大切なステップとなるのです。

ゲーミングPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

エキスパートのためのゲーミングPC、アドバンスドなパフォーマンスが魅力のモデル
最新のゲームもサクサク動かす均整の取れたハイスペックスペック
透明サイドパネルが際立つ、デザインと機能性を両立したケースで魅せるマシン
パワーユーザー歓喜!Core i7 最新世代の処理速度でリードを保持

【ZEFT Z45DAV スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

ハイエンドな性能でゲームも作業もスムーズ、頼れるゲーミングPC
強力なi9とRTX 4070が生み出す、理想的なパワーバランス体験
スリムでスタイリッシュ、マイクロタワーにRGBの輝きが美しいケース
最新i9プロセッサが提供する、圧倒的なマルチタスク性能

【ZEFT Z47CF スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A
【ZEFT Z51A スペック】
CPUIntel Core i9 14900KS 24コア/32スレッド 5.60GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AI
【ZEFT Z52AI スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN
【ZEFT Z52AN スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AN

ストリーミングに推奨されるインターネット速度

ストリーミングに推奨されるインターネット速度は、生放送の画質と安定性に直接影響を与える重要な要素です。

HD品質での配信を考えるならば、最低でも3Mbpsのアップロード速度が望ましいとされています。

しかし、これはあくまで最低限の要件であり、より高品質な1080pのストリーミングを実現するためには5Mbps以上が通常推奨されています。

さらに、ストリーマーが最高の4K配信を目指す場合、25Mbps以上のアップロード速度が要求されることもあります。

多くの視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、ただ高速なインターネット接続を用意するだけでは不十分です。

回線の安定性も同等に大切で、一時的な速度低下や不安定な接続が視聴体験を大きく損なう原因となり得ます。

そのため、ストリーマーは常にネットワークの状況をモニタリングし、必要に応じてプロバイダとのやりとりを行ったり、機器のアップグレードを図ったりするべきです。

ゲーマーとしての演出や操作性を活かす生放送をするにあたり、視聴者に対して遅延の少ない配信を行なうことは極めて重要であり、そのためにもアップロード速度に対する理解と配慮が不可欠です。

視聴者にとって最高の視聴経験を提供し、ストリーマー自身のブランド価値を向上させるためには、インターネット速度の最適化が成功の鍵を握るのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

高画質配信を実現するキャプチャーデバイスの選び方

高画質配信を実現するキャプチャーデバイスの選び方

内部キャプチャーカードと外部キャプチャーデバイスの比較

高画質配信を実現するキャプチャーデバイスの選び方は、ストリームの質を大きく左右する重要なポイントです。

内部キャプチャーカードと外部キャプチャーデバイスの違いを把握することは、理想的なストリーミング環境の構築に不可欠となります。

内部キャプチャーカードは、パソコン内部の拡張スロットに挿入し、高帯域幅のデータ転送が可能なため、1080pや4Kといった高解像度の配信に適しています。

低遅延で、ゲームの動きをリアルタイムに捉え、淀みなく視聴者へ届けることができるのです。

さらに、パソコンの内部に装着するためデスクトップのスペースも節約できる点が魅力的です。

また、ゲームのフレームレートに応じた選択が必要であり、120Hz以上の高フレームレートをサポートするモデルを選ぶことが重要です。

一方で、外部キャプチャーデバイスは、USBやThunderboltポートを使ってパソコンに接続します。

これにより、ノートパソコンや小さなフォームファクターのデスクトップでも利用が可能になります。

取り外しが容易なので、移動が多いストリーマーには最適な選択肢と言えます。

しかしながら、USB接続のデバイスはデータ転送の帯域に限界があり、内部キャプチャーカードと比較すると、多少の遅延が生じる可能性があります。

しかし、遅延はほとんど目に見えないレベルであり、設定によっては気にならない程度に抑えることが可能です。

結局のところ、PCゲームのストリーマーにとって、配信のクオリティは視聴者の満足度に直結します。

内部キャプチャーカードと外部キャプチャーデバイスの特徴を正しく理解し、自身の配信スタイルや環境にマッチした選択を行うことが、魅力的な生放送を創出するための鍵です。

4K配信に対応したキャプチャー機器のメリット

4K配信は、視聴者にとって圧倒的な高画質体験を提供します。

これは、ストリーマーがより鮮明な映像でゲームの細部にわたる美しさを伝えられるということを意味し、躍動感あふれるゲームシーンをよりリアルに再現できるのです。

加えて、4K対応のキャプチャー機器は、フレームレートも重要なスペックの一つとして優れていることが多く、これにより滑らかな動きが再現され、高品質な配信が実現します。

さらに、4K配信を行うことで、ストリーマーとしての差別化も期待できます。

視聴者にとって高解像度は魅力の一つであり、配信内容に合わせた高画質な映像は視聴体験を一層豊かにし、他のストリーマーとの比較で優位に立つことができるのです。

また、将来的には4K画質が標準になる可能性も考えられるため、今のうちに設備を整えておくことは、長期的な視点で見ても繁栄につながります。

適切なキャプチャー機器を選ぶには、互換性や接続の観点も忘れてはなりません。

多くの機器が様々な放送ソフトウェアと連携可能ですが、特定のソフトウェアに最適化されたモデルを選ぶことによって、よりスムーズなストリーミングセットアップが可能になります。

高いビットレートでの配信も安定した品質を保つ上で重要であり、ネットワーク環境との相性も考慮に入れる必要があります。

最終的には、4K配信を実現するキャプチャー機器の選択は、単なる高画質映像の提供を超えた、ストリーマーとしてのブランド価値の向上に寄与すると言えるでしょう。

技術の進化により、視聴者はより臨場感のある配信を求めるようになるため、これに応えることが、ストリーマーの成長への鍵だといえるのです。

PCゲーム配信ソフトウェアとエンコーディング設定

PCゲーム配信ソフトウェアとエンコーディング設定

ゲーミングPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R46H

パソコンショップSEVEN ZEFT R46H

重厚なゲーミング性能を体感せよ、このアドバンスドグレードマシンで未来のステージへと挑め
他を圧倒するバランス。フレームレートの夢を叶える16GB RAMの速度と1TBの広大なストレージ
モダンなキューブケースがデスクを洗練させる。存在感あふれるホワイトが光彩を放つ
Ryzen 9 7900X搭載、マルチタスクも快適。最新CPUで限界を感じさせない

【ZEFT R46H スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R46H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49K

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49K
【ZEFT Z49K スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49K

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CGA
【ZEFT Z47CGA スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CGA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AP
【ZEFT Z52AP スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AP

OBS StudioとXSplitの機能比較

ストリーマーとして最高の体験をファンに提供するためには、配信ソフトウェアの選択が重要です。

OBS StudioとXSplitは、PCゲームの生配信で最も利用されているソフトウェアの二大巨頭と言えます。

OBS Studioの最大の魅力は無償にも関わらず、その高いカスタマイズ性にあります。

一方でXSplitは、使い勝手の良さと直感的なインターフェースで初心者ストリーマーからの支持を集めています。

エンコーディング設定においても、両者は異なるアプローチを採っており、OBS Studioでは細かい設定が可能であるのに対し、XSplitは簡潔でわかりやすいプリセットを提供しています。

それでは、機能面を深掘りしてみましょう。

OBS Studioはオープンソースとして開発が進められており、多くのプラグインが利用可能です。

このため、配信のプロフェッショナル化を目指すユーザーにとっては、まさに夢のような環境を構築することができます。

しかしXSplitの方が導入が容易で、ソフトウェアをダウンロードし、数クリックで配信がスタートできる手軽さがあります。

安定した配信を実現したいストリーマーには、この使いやすさが決め手になることも少なくありません。

エンコーディングの観点からいうと、OBS Studioでは配信時のCPUの負荷を詳細に設定できるため、マシンのスペックに合わせた最適化が行える点が強みです。

一方XSplitでのエンコーディング設定はシンプルで、ユーザーは配信のクオリティを選択するだけで良いので、技術的な知識がなくても安心して使用できます。

このように、OBS StudioとXSplitはそれぞれ異なるニーズに応えるソフトウェアであり、あなたの配信スタイルやマシンスペック、技術的なこだわりによって最適な選択肢が変わってくるでしょう。

常に最前線で進化するこれらのツールを駆使し、ユーザーを魅了するストリーミング体験を創り出すことができます。

エンコーダーの種類と配信品質への影響

ストリーマーが高品質のPCゲーム配信を実現するためには、エンコーダーの選択が非常に重要です。

エンコーダーには大きく分けてハードウェア(物理チップ)とソフトウェア(プログラム)の二つのタイプがあり、それぞれ配信品質への影響が異なります。

ハードウェアエンコーダーは専用のチップを使用するため、PCのCPUやGPUにかかる負荷を軽減し、スムーズなゲームプレイと配信が可能です。

一方、ソフトウェアエンコーダーはCPUを中心に処理を行うため、よりきめ細かい設定が可能で、場合によってはより高い品質での配信が実現できますが、適切なリソース管理が求められます。

エンコーディングの設定は配信される映像の解像度とフレームレートを大きく左右します。

ビットレートを高く設定すれば、清潔感のある鮮明な映像を配信できますが、視聴者のインターネット環境によっては再生がスムーズに行われないことがあります。

また、エンコーディング時のプリセットやプロファイルの選択も重要で、低遅延設定が求められるリアルタイムゲーム配信では、迅速なエンコード処理が必要となります。

一方で、映像の詳細度を優先する場合は、より時間をかけた高品質のエンコードが適切です。

配信するPCゲームの内容や目的に合わせたエンコーダーの種類と設定を見極めることが、ストリーマーに求められる技術であり、視聴体験を左右する決定的な要素です。

最適なエンコード設定は、視聴者に高い満足度をもたらし、ストリーマーの人気やフォロワーの増加をもたらすための重要なステップなのです。

配信エンゲージメントを高めるPC周辺機器

配信エンゲージメントを高めるPC周辺機器

高性能マイクとオーディオインターフェースの組み合わせ

生放送中のストリーマーにとって、視聴者を魅了し続けるには、単にゲームの腕前だけでなく、配信の音質にも高いクオリティが求められます。

高性能マイクは、クリアで本物のような音声を捉え、細かいニュアンスまで拾い上げるために不可欠です。

しかし、マイクだけでは十分ではありません。

オーディオインターフェースがその性能を最大限に引き出し、鮮明なサウンドを実現します。

オーディオインターフェースは、アナログ音声をデジタル信号に変換し、PCへ高速かつ高品質で送信する役割を果たします。

この組み合わせにより、低ノイズで温かみのあるサウンドを配信に供給できるため、視聴者にとっては耳に心地良い、まるで同じ部屋にいるかのような体験を提供します。

さらに、オーディオインターフェースには複数の入力端子が備わっており、ゲームの効果音やBGMと自分のボーカルをバランス良くミックスすることも可能です。

これによって、ストリーマーは自らのパーソナリティを際立たせつつ、聴覚に訴える豊かな放送内容を作り上げることができるのです。

また、ストリーマーが快適に長時間放送できるよう、高性能マイクには耐久性と操作性も重要な要素です。

無指向性から単一指向性まで、放送のシナリオに合わせたマイクの指向性を選べることで、より専門的に配信を制御する自由度が生まれます。

結果として、視聴者はストリーマーのコミュニケーションや表現力の魅力に引き込まれ、エンゲージメントの向上に直結するのです。

適切な機材の組み合わせは、単なるゲーム配信をライブエンターテインメントの境地へと押し上げる力を持っています。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


ゲーマー向けキーボードとマウスの選び方

ストリーマーがゲームをプレイしながら視聴者を飽きさせずに楽しませ続けるためには、高性能なPCだけでなく、使いやすさと機能性を兼ね備えた周辺機器が不可欠です。

特に重要なのが、正確な操作を可能にするゲーマー向けのキーボードとマウスの選び方になります。

これらのアイテムが、配信時のエンゲージメントを高める秘訣となるのです。

最適なキーボード選びでは、反応速度を優先しましょう。

メカニカルキーボードが推奨される理由もまさにこれにあります。

タクタイル感が高く、キー一つ一つの反応が明瞭であるため、ゲーム内の素早い操作が求められるシーンでのパフォーマンスが格段にアップします。

また、キーの耐久性も重要です。

長時間にわたる使用でも快適さが保たれ、一つ一つのアクションが正確に反映されるキーボードは、ストリーマーにとって信頼の置ける相棒になるでしょう。

一方、マウスはエルゴノミクスデザインが特に重要視されます。

手になじむフォルムでなければ、長時間のストリーミングは手の疲労を招くことになります。

さらに、ゲーミングマウスのDPI(ドッツ・パー・インチ)設定の細かさや、ゲームに応じたプログラム可能なボタンも選択のポイントです。

これにより、細かい操作が要求されるゲームでストリーマーが見せる高いレベルのプレイにつながるのです。

このように、キーボードとマウスはストリーマーが視聴者との交流を深め、一緒にゲームを楽しむための大切な道具です。

選び方一つで、その配信の質が決まると言っても過言ではありません。

視聴者を魅了し続けるためにも、ストリーマーにとって最適なキーボードとマウスの選定は、配信の成功を左右する重要な要素であると言えるでしょう。

ストリーマー専用機能が魅力のゲーミングPCブランド

ストリーマー専用機能が魅力のゲーミングPCブランド

プロゲーマー推奨のPCブランドとは

ストリーマー専用機能が魅力のゲーミングPCブランドの中でも、プロゲーマー推奨のPCブランドには、競技レベルでのプレイに対応する高性能マシンが揃っています。

例えば、圧倒的な処理速度と安定性を誇るAlienwareは、ストリーマーにとって欠かせないリアルタイムのエンコーディングや複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすために最適です。

また、独自の冷却システムを搭載したCorsairのPCは、長時間のストリーミングでも性能の低下を最小限に抑えることができます。

特に注目すべきは、ストリーミングに特化した便利なソフトウェアをプリインストールしているブランドです。

例えば、OBSやXSplitといった生放送ソフトウェアが最初からインストールされているため、セットアップの手間を省き、すぐに放送を開始することが可能です。

さらに、カスタマーサポートが充実しており、万が一のトラブルにも迅速に対応してくれるサービスもストリーマーにとって重要なポイントです。

プロゲーマー推奨のPCブランドは、こうした細部にまで配慮された設計がなされており、ストリームを通じて高品質なゲーム体験を視聴者に提供するための強力な味方となります。

耐久性、パフォーマンス、サポートの三拍子が揃ったこれらのブランドは、ストリーマーにとって最適なPCゲームマシン選びの指針となるでしょう。

カスタマイズ可能なPCとプレビルドPCの違い

ストリーマー向けのゲーミングPC選びにおいて、カスタマイズ可能なPCとプレビルドPCの選択は大きな分岐点となります。

プレビルドPCはメーカーが設計した既製品で、初心者にも親しみやすく、すぐに使用できるという手軽さがあります。

一方、カスタマイズ可能なPCでは、プロセッサーやグラフィックカードといった各種コンポーネントを自由に組み合わせることができ、個々のニーズに合わせた最適な仕様を実現することが可能です。

特にストリーミングでは、複数のソフトウェアを同時に動かすため、高い処理能力が求められます。

カスタマイズPCでは、倍率の高いストリーミングソフトウェアの要求に応えるため、強力なマルチコアプロセッサーや高性能なグラフィックカードを選択することができます。

その結果、視聴者にスムーズで高品質な生放送コンテンツを提供することが可能になります。

プレビルドPCと異なり、カスタマイズPCの場合は将来のアップグレードや拡張がしやすいという特徴もあります。

ストリーマーとしてのキャリアが進むにつれて、よりパワフルな機能が求められることもあるため、アップグレードが容易なことは長期的な視点で見て大きなメリットと言えるでしょう。

最適なストリーミング体験を追求するストリーマーにとって、自分自身の放送スタイルや視聴者の期待に応えられるPCを選択することは、成功への大切なステップです。

そのためには、カスタマイズ性の高いPCを選ぶか、手軽さと信頼性を兼ね備えたプレビルドPCを選ぶかという選択が、非常に重要な意味を持つのです。

予算別おすすめPCゲーム機のセレクトとポイント

予算別おすすめPCゲーム機のセレクトとポイント

入門レベルでも満足できる予算別選択肢

PCゲームを始めるにあたり、ストリーミングも視野に入れた生放送対応PCの選択肢はたくさん存在しますが、予算の範囲内で最良の性能を引き出せる装備を見極めることが重要です。

入門レベルでも満足できるPCを選ぶポイントとして、まず考慮すべきはプロセッサの選定です。

動画エンコードやマルチタスクが多いストリーミングでは、少なくとも4コア8スレッドを備えたCPUが求められますが、コストパフォーマンスに優れたミドルレンジのRyzen 5やIntel Core i5を選択することで、バランス良く構成できます。

次にグラフィックスカードは、フルHD解像度で快適なゲーム体験と配信を兼ね備えるため、最新のエントリーレベルモデルか、一世代前のミドルレンジモデルが好ましいでしょう。

ストレージに関しては、速度と容量のバランスを取りつつ、SSDは必須で、OSとアプリケーションには最低でも1TB以上が理想的です。

ゲームや録画データの保存には追加のHDDを検討するのが賢明です。

メモリに関してはストリーミング中の安定性を確保するためにも、少なくとも16GBを目安にすることをおすすめします。

この構成により、生放送中のPCゲームが円滑に進むだけでなく、視聴者への快適な映像提供が可能となります。

さらなるアップグレードを検討する際は、クロック速度やレイテンシーが良好なメモリや、高速データ転送をサポートするNVMe SSDへの投資を考えてみるのも有効な選択です。

これらの要素を適切に組み合わせることで、コストを抑えつつも生放送で視聴者を魅了するPCゲームマシンを構築できるでしょう。

ハイエンド機を目指すためのアップグレードのコツ

さて、ハイエンド機を目指す際には、アップグレードのコツを掴んでおくことが成功への鍵です。

まず、ゲームの性能要求がどのように進化していくかを見極め、必要最低限のスペックを超えるパーツ選びに重点を置くことが肝心です。

特にグラフィックカードはゲームの映像品質に直結するため、最新のタイトルを快適に楽しむためには頻繁に情報を収集し、最先端または一歩手前のモデルに目を向けることが大切です。

その上で、将来的なアップグレードに備え、拡張性の高いマザーボードやケースを選定することにより、長期的にコストパフォーマンスの良いマシンをキープすることができます。

また、プロセッサーやメモリに関しては、現時点でのオーバースペックを恐れずに投資することで、一度のアップグレードで数年分の性能向上を保証することができます。

快適なストリーミング環境を構築するには、充分な処理速度と高い安定性を持つストレージも重要です。

ストレージはゲームやソフトウェアのロード時間に関わるため、速度の遅いものを使用していると、視聴者に待たされることになってしまいます。

SSDの大容量版にアップグレードすることで、より滑らかなストリーミング体験を実現できるでしょう。

最後に、電源ユニットは将来のアップグレードを見越して余裕を持ったものを選ぶことで、いずれ来る可能性のある高性能パーツへの交換をスムーズに行えるようにしておきましょう。

こうして、将来にわたって自由なカスタマイズが可能なPCゲーム機を構築することが、ストリーマーとして視聴者に最高のパフォーマンスを提供し続ける秘訣なのです。

あわせて読みたい

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

スペックからデザインまで! ゲーミングPC選び方完全マニュアル

BTOパソコンチョイス

ゲームプレイを変える! 快適ゲーミングPC構築マニュアル

ゲーミングPC.jp

プレミアムゲーマー向け! デスクトップで選ぶおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCフリーク

静音パソコン最強ガイド おすすめの選び方

ゲーミングPC Tier1

ゲームのためのスペックを追求 PC愛好家のための選定指南

ゲーミングPC評価ブログ

パソコン購入戦略 プログラム開発におすすめの最強スペック解析

ゲーミングPC Tier1

フルカスタムで作る僕だけのPC – BTOパソコン選びのコツ

BTOパソコンチョイス

静寂専門家が推薦! おすすめ静音PCと最新テクノロジー

ゲーミングPC.jp

ゲームマスターへの道 最適なゲーミングデスクトップPCを見極める

ゲーミングPCフリーク

AIイラストで差をつけろ! トレンドを抑えたおすすめPC解説

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPC選び方の極意 究極のゲームライフを手に入れろ!

ゲーミングPC評価ブログ

AI画像生成に最適! 厳選おすすめPCガイド

ゲーミングPC Tier1

配信品質にこだわるツイキャスユーザー向け! おすすめPCの全知識

BTOパソコンチョイス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次